福岡で玉突き事故にあってしまったら

 

  福岡で玉突き事故にあってしまったら

お住まいの方にとって、お住まいの地域が常に事故の発生件数で上位にランキングされてしまう事は、
大変耳の痛い話だと思います。
そして、そういった地域に限ったことではありませんが、
なぜこんな場所で事故が起こったのかというようなこともありますが、
やはり何といっても交差点での玉突き事故や渋滞が日常茶飯事の道路での交通事故は、
相変わらず多いというのが現状のようです。

玉突き事故でむち打ちに

玉突き事故は、1台の車の重大な過失が原因で大きなものとなって、
被害者にとっては人生を左右するような心身の被害を被ることもありますが、
中には、交差点でのちょっとの不注意で玉突き事故が起こり、
気づいた時にはその玉突き事故に巻き込まれてしまう
というケースもあるでしょう。
市内の幹線道路での信号待ちでの玉突き事故は多く、
玉突き事故の被害者の方はむち打ちを発症したり、椎間板ヘルニアになったり、玉突き事故の衝撃が大きいときは椎骨を圧迫骨折したりして、
長く病院通いを強いられるというケースも多いようです。

ただ、実際に玉突き事故などに遭われた経験のある方は、
玉突き事故後の対応やその経過について、不満や不信を感じたことはないでしょうか。
玉突き事故が発生すれば、すぐに加害者側の保険会社がすべて代理で処理する形で
接触してくると思いますが、中には保険会社からの説明を鵜呑みにしてしまい、
なんとなく納得してしまって流れに任せてしまうことがあるようです。

その原因の一つには、玉突き事故による圧迫骨折やむち打ちの治療を受けながら、
なかなか交渉に向き合う気力も湧かず、
もちろん保険会社と交渉するだけの知識を持っていないなどの理由もあるかと思います。
交差点での玉突き事故で弁護士に相談するなど大げさなと思われる方もいらっしゃるようですが、
実際に弁護士を活用するかしないかで、
玉突き事故の被害者への慰謝料や賠償金の額が変わることも多いのです。

もし、玉突き事故に巻き込まれた時は、ためらわずに弁護士に相談することをお勧めいたします。
そして、玉突き事故の案件に精通している弁護士をお探しであれば、
福岡市中央区の菅藤法律事務所にお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001