自動車事故の賠償請求は弁護士にお任せください

 

自動車事故の賠償請求は弁護士にお任せください

 自動車事故に巻き込まれて怪我をした被害者には、自動車事故の相手方に対し、怪我の治療費や慰謝料など賠償請求をする権利があります。

 昨今では、自動車事故の加害者の多くが任意保険に加入していますので、治療費ほか賠償金の支払については、、自動車事故の加害者も被害者に対する補償を自己の加入する任意保険で対応するケースが多くなってきています。
 そのような場合、損害保険保険会社担当者が加害者の代わりに被害者との交渉窓口となり、自動車事故の被害者と直接交渉を行います。この場合、被害者本人と加害者本人が直接交渉を行う必要がなくなるので連絡はつけやすい反面、損保会社担当は毎日数多くの自動車事故の賠償案件を取り扱っており、自動車事故に関する損保会社に有利な裁判例を踏まえた専門的な知識はもちろんのこと、自動車事故における被害者側のあしらいというか交渉経験も豊富ですので、交渉の際に専門的な用語が出てきたり、被害者の方が気付かぬうちに交渉の主導権を加害者側に握られたりと被害者の方にとっては不利な状況が生まれやすいのではないかと思います。

 実際に、事故当初から加害者側の保険会社担当と直接、交渉を進められている自動車事故被害者の中には、加害者側から提示された治療費や慰謝料などの賠償金に納得できない、周りから聞いていた予想以上に痛みが続くのに治療打ち切りの打診をなされた、いろいろな点で不満や不信をいだかれて、交渉の途中の段階で弁護士の所へ相談にいらっしゃいます。実際、自動車事故の被害者からお話をおうかがいしていると、加害者側から提示された金額を多数の交通事故案件に関する交渉経験がある弁護士の目から眺めると、慰謝料などの提示金額が正当な賠償額を下回っていることが珍しくありません。

 このように、弁護士などに相談されぬまま加害者側からの提示金額が正当な賠償金額を下回っていることにも気付かずに加害者側と示談を交わしてしまうと、その示談締結以降に追加で請求を行うことはできなくなり、被害者の方が十分な賠償額を受け取ることができなくなってしまうという状況を招く可能性もあります。

 自動車事故に関する交渉自体、弁護士の中でもその経験や知識の差が交渉結果にダイレクトに影響すると言われている難しい分野で、ご相談いただく自動車事故案件の中には、遺憾ながら相手損保担当が意固地に社内稟議に固執し交渉では話がまとまらず、打開するためやむなく裁判へと移行する件もございます。自動車事故に巻き込まれ、賠償請求でお悩みの方はお早めに交通事故に関する専門的な知識や交渉経験が豊富な弁護士に交渉を依頼されることをおすすめします。

 弁護士に交渉を依頼されることで、加害者側と直接交渉を行う必要が無くなり、煩わしい手続からも解放され精神的負担を軽減させることができるかと思います。また、専門的な知識や経験が豊富な弁護士が弁護士基準に基づいた交渉を行うことにより、賠償交渉を弁護士へ委任しない場合と比べて加害者側から受け取ることができる賠償金額を増額させることができる可能性が高まります。

 福岡県の菅藤法律事務所では、これまで20年以上にわたり様々な交通事故案件に関する交渉のご依頼を受け、解決のお手伝いをさせて頂いております。交通事故に関する専門的な知識はもちろん交通事故に関する交渉経験も豊富です。自動車事故の被害に遭い、加害者の加入する損保会社に対する賠償請求でお悩みお困りの方は躊躇せずお気軽に菅藤法律事務所までご相談下さい。特に弁護士費用特約に加入されている場合は弁護士に依頼することがリスクを含んでいませんので、ためらうことなくすぐにでも弁護士菅藤に相談アポイントを入れられることを強くお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001