死亡事故の対応に苦しんでいる福岡のご遺族へ

 

死亡事故の対応に苦しんでいる福岡のご遺族へ

 福岡県警の発表によると、福岡県では2018年時点でもなお3万件を超える人身被害を伴う交通事故が発生しています。そのうち死亡事故で亡くなられた方は136人と決して少なくない人数です。
 ある日突然、大切なご家族を死亡事故によって失われたご遺族の方はとどまることのない深い悲しみ、激しい憤りを感じておられるのが通常です。
 しかし、死亡事故により一変した生活や環境に追われ、交通事故の加害者に対する刑事処分にどのように関与するのがベストなのか、また、死亡事故により発生した損害を最大限獲得するためにはどのような交渉をしていけばベストなのか皆目見当がつかず、大切な方の命を奪った死亡事故に関する手続き対応に精神的な負担を感じられる方もいらっしゃると思います。
 刑事事件にせよ民事事件にせよ、交通事故により受けた損害について相手損保や加害者との交渉を行う場合、加害者サイドには損保会社や刑事弁護人のフォローがつくのが普通です。
 彼らは多数の交通事故案件を扱っているため、交通事故に関する知識や経験は豊富であるのに対し、大切な方を亡くされたご遺族の方々には自動的にその力量や経験の差を埋める専門家が就くわけではありません。そのような時は、死亡事故に関して経験豊富な弁護士に相談依頼されてみてはいかがでしょうか。
 福岡の菅藤法律事務所では、これまでに交通事故の相談を多数受けてまいりました。実際に死亡事故のご遺族からの相談やご依頼も多く承っております。交通事故に関して経験豊富な弁護士に相談することで、そうでない場合と比べ相手方との交渉により獲得できる賠償額に大きな差が出てきます。また、弁護士に依頼することで、手続きに関して不安な点を解消し、精神的な負担も軽減させることもできるのではないしょうか。
 福岡にお住まいの方で、死亡事故の苦しみに苛まれているご遺族の皆さま、福岡の菅藤弁護士への相談を検討されてみてはいかがでしょうか。ご遺族の方のお気持ちに寄り添った対応をしておりますので安心してご依頼ください。1階には無料駐車場がありますので、お車でご来訪いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001