福岡での交通死亡事故

福岡での交通死亡事故

交通死亡事故が起こる要因としては、車の所有台数の多いことや人口が多いことも関連しているのでしょう。そして、福岡はそのどちらの条件にも当てはまるため、実際に交通死亡事故が発生することも多くなっているようです。

もちろん、車の装備や警察の取り締まりなどによって事故は減少気味とも言われていますが、交通死亡事故は本当に減っているのかと疑いたくなるほど、交通事故のニュースを聞かない日はないでしょう。車対歩行者の交通死亡事故が発生したり、バイク対歩行者の交通死亡事故が発生するなど、歩行者の方にとってはいつ被害に遭ってしまうかと、どこを歩いていても油断ができません。

しかも、福岡では交通死亡事故の被害者の6割が65歳以上の高齢者となっているようです。そして、福岡県警から交通死亡事故が連続発生しているという緊急事態情報が出たこともあり、連続発生した交通死亡事故の被害者が60歳代や70歳代ということで、高齢者への交通安全の呼びかけも行われました。

ただ、どんなに歩行者が注意をしても、ドラーバー側が安全運転を怠れば交通事故の被害者が生まれてしまうわけで、そういったドライバーに限って事故を引き起こした後の誠意が感じられないこともあるものです。

交通死亡事故に遭えば、加害者側からの誠意ある対応があるものと思っているかもしれませんが、実際は保険会社との交渉となり、保険会社の言い分のままに賠償問題などを押し切られてしまうことも少なくありません。

特に、交通死亡事故の場合は、お金をもらっても亡くなった人が帰って来るわけではないと思ってしまい、大切な家族を失った喪失感から交渉などどうでもいいと思ってしまうこともあり、落ち着いた頃に後悔することもあるようです。そこで、弁護士に保険会社との交渉を任せてみてはいかがでしょうか。

福岡市中央区にある菅藤法律事務所では、多くの交通死亡事故問題を解決した実績があり、弁護士が間に入ることで賠償金などの交渉に成功した例がたくさんあります。福岡での交通死亡事故については、交通事故案件に強い菅藤法律事務所にお任せください。

tel-001