交通事故コラム

福岡市南区で発生した交通事故

福岡市南区で発生した交通事故

市外から福岡市に転居された方の中には、その交通事情に戸惑う方も多いのではないでしょうか。車の交通量の多さはもちろんですが、道幅の狭い古くからの道路がそのままになっていたり、地元の人間でも困惑する複雑な交差点があったりと、いつ交通事故が起こっても不思議ではない場所がいくつもあります。

たとえば、福岡市南区にもよく知られた複雑な交差点があります。それは福岡市南区井尻にある井尻6つ角と呼ばれる交差点ですが、もともと付近の道路がかなり混雑・渋滞するということもあり、この交差点付近では交通事故が頻発しているようです。

また、同じく福岡市南区には福岡市の交差点ワースト5にも入ると言われている交差点があります。おそらくこの交差点を通る際には緊張することもあるかと思いますが、清水四ツ角と呼ばれる交差点です。この場所も交通事故の多い交差点として地元の方たちにはよく知られていると思いますが、なぜ交通事故が発生しやすいかと言えば、交差する双方の道路の車線数が多く、その形状が変形していることも原因になっているのではないでしょうか。

この場所での過去の交通事故は、前方不注意による追突事故や右折時に歩行者を見落としたことによる事故、さらに左折時に自転車やバイクを巻き込んでしまった事故など、さまざま交通事故が起こっています。

交通事故はちょっとの気の緩みで発生し、わずか数秒の不注意で生死に関わるような交通事故となってしまうことがあります。
もちろん、車を運転する側は交通事故を起こさないような配慮をしているでしょうし、歩く側も交通事故に巻き込まれないように注意を怠ることはないのでしょう。

ところが、交通事故を引き起こさないような配慮どころか、まったく無頓着に法を守らず車を運転して交通事故被害者が生まれてしまうことも少なくありません。たとえば飲酒運転もその一つですが、飲酒運転による交通事故は死亡事故となってしまうことも多いと言われています。そういった被害者を出さないためには、飲酒運転の取り締まりの強化が望まれるわけですが、福岡市南区高宮でも会社役員の男性が酒気帯び運転の疑いで逮捕されたように、なかなか飲酒運転が減らないのが現状です。

もちろん、飲酒運転による事故だけでなく、交通事故の被害者となってしまった場合は、交通事故に遭う前と同じ生活に戻ることを望まれるでしょうし、そのためには生活の基盤を元に戻さなければなりません。そして、その生活の基盤を支えるのが賠償金です。

交通事故の被害の最悪な状況は、やはり被害者の方が亡くなってしまった場合ですが、たとえ死亡事故とならなかったにしても、後遺症が残るような大きな怪我を負えば、その後の被害者の方の人生は大きく狂ってしまいます。

また、むち打ちや骨折といった数ヶ月の治療期間で回復しそうな怪我だったとしても、何かしら身体に不具合が残ったり、いつまでたっても違和感が残り不調を感じてしまったりするものです。

そういった状況を説明しても、納得いく保険会社の対応が得られるとは限りませんので、お困りであれば弁護士にお話しいただいて、保険会社との交渉を弁護士にお任せいただければと思います。

お金ですべてが解決するわけではありません、賠償金額によって安心して治療に専念できますので、納得いく提示を求めるには弁護士に相談してみることをおすすめいたします。そして、何より交通事故案件の取り扱い経験豊富な弁護士をお選びいただくことが大切です。

弁護士にも専門分野があり、交通事故案件にはあまり関わったことのない弁護士もおりますので、福岡市南区で交通事故に遭われて弁護士をお探しであれば、25年以上にわたり2000件以上の交通事故を解決してきた菅藤法律事務所にご相談下さい。

ページトップ