福岡市南区で発生した交通事故

福岡市南区で発生した交通事故

市外から福岡市に転居された方の中には、その交通事情に戸惑う方も多いのではないでしょうか。車の交通量の多さはもちろんですが、道幅の狭い古くからの道路がそのままになっていたり、地元の人間でも困惑する複雑な交差点があったりと、いつ交通事故が起こっても不思議ではない場所がいくつもあります。

たとえば、福岡市南区にもよく知られた複雑な交差点があります。それは福岡市南区井尻にある井尻6つ角と呼ばれる交差点ですが、もともと付近の道路がかなり混雑・渋滞するということもあり、この交差点付近では交通事故が頻発しているようです。

交通事故はちょっとの気の緩みで発生し、わずか数秒の不注意で生死に関わるような交通事故となってしまうことがあります。
もちろん、車を運転する側は交通事故を起こさないような配慮をしているでしょうし、歩く側も交通事故に巻き込まれないように注意を怠ることはないのでしょう。

ところが、交通事故を引き起こさないような配慮どころか、まったく無頓着に法を守らず車を運転して交通事故被害者が生まれてしまうことも少なくありません。たとえば飲酒運転もその一つですが、飲酒運転による交通事故は死亡事故となってしまうことも多いと言われています。そういった被害者を出さないためには、飲酒運転の取り締まりの強化が望まれるわけですが、福岡市南区高宮でも会社役員の男性が酒気帯び運転の疑いで逮捕されたように、なかなか飲酒運転が減らないのが現状です。

もちろん、飲酒運転による事故だけでなく、交通事故の被害者となってしまった場合は、交通事故に遭う前と同じ生活に戻ることを望まれるでしょうし、そのためには生活の基盤を元に戻さなければなりません。そして、その生活の基盤を支えるのが賠償金です。

お金ですべてが解決するわけではありません、賠償金額によって安心して治療に専念できますので、納得いく提示を求めるには弁護士に相談してみることをおすすめいたします。そして、福岡市南区で交通事故に遭われて弁護士をお探しであれば菅藤法律事務所にご相談下さい。

tel-001