交通事故in福岡市中央区

交通事故in福岡市中央区

交通事故に巻き込まれてしまい、大きな怪我を負った時のことを考えたことはあるでしょうか。交通事故に遭わないようにとか、交通事故を起こさないようにという教訓は誰もが心得ているとは思いますが、なかなか交通事故に遭った時の対応までは考えたことがないかもしれません。ただ、交通事故は誰の身に起こっても不思議ではないことで、できれば万が一の心構えは必要かもしれません。

たとえば、福岡市中央区でも交通事故がたびたび発生して、たまたま買い物に出掛けて交通事故の現場を目にしたことのある方もいるのではないでしょうか。最近も、福岡市中央区天神の交差点で、車3台が絡む交通事故で男性2人が軽傷を負ったというニュースがありましたが、交通事故が発生した時刻が午前7時半頃ということで、福岡市中央区にある職場に向かう通勤途中で交通事故を目のあたりにした方もいるかもしれません。

また、福岡市中央区の明治通りで、歩行中の男性がトラックにはねられるという交通事故がありましたが、この事故は午後5時頃の発生ということなので、仕事帰りに事故現場を目にした方もいるでしょう。

こういった交通事故の現場を目にしたとしても、被害者の立場でありながら事故後の処理で苦労することがあるとは想像できないかもしれません。怪我を負った被害者は、何も気にせず回復だけを考えて治療に専念さえすればいいと誰もが願うはずです。ところが、現実はなかなかそうもいかず、治療費用や入院費用が心配になることもあるでしょうし、さらにしばらくは仕事もできないとなれば家族の生活が心配になることもあるでしょう。

もちろん、そういった時のために保険があるわけですが、加害者側の保険会社との交渉が長引くこともあり、怪我の痛みと合わせて心労もかさむのではないでしょうか。そんな時は弁護士にご相談いただければと思います。そして、交通事故案件の実績豊富な弁護士をお探しであれば、福岡市中央区荒戸にある菅藤法律事務所にお任せください。

tel-001