福岡市南区のバイク事故

福岡市南区で発生した交通事故として、自衛官によるバイク事故を記憶している方もいらっしゃるでしょう。この時のバイク事故は、バイクがトラックに衝突するという交通事故で、場所は福岡市南区の大橋の路上で起こったバイク事故でした。

おそらく、このバイク事故でバイク側も衝突されたトラック側も怪我を負うことはなかったのかもしれませんが、驚いたことにバイク事故を起こした運転者が酒気帯び運転を行っていたということです。このバイク事故では、酒気帯び運転による道路交通法違反容疑で現行犯逮捕されているわけですが、一つ間違えれば歩行者をはねるような交通事故を引き起こしていたかもしれません。

この福岡市南区の酒気帯び運転によるバイク事故に限らず、酒気帯びや飲酒が要因となって発生する交通事故は後を絶たず、これまでにも被害者となってしまった方がたくさんいらっしゃいます。もちろん、酒気帯びともなればその責任は重大で、加害者側の保険会社からの損害賠償の提示には、納得いく金額が示されるだろうと誰もが思われることでしょう。

ところが実際は、たとえ加害者側の責任が重大であったとしても、必ずしも被害者が納得できるような結果になるとは限りません。逆に、刑事責任云々で法律的な問題も生じ、損害賠償問題も複雑化する場合もあり、弁護士が必要となることも多いと思います。

もちろん、酒気帯びによる刑事責任も加味されるでしょうが、損害賠償額は被害者の怪我の状態や治療費、さらに逸失利益が反映されるわけで、そういった被害者の状況を踏まえて交渉を行うために、まずは交通事故に詳しい弁護士に相談することをおすすめいたします。

この福岡市南区で起こったバイク事故の場合は、バイクの運転者がバイク事故を発生させたわけですが、バイクを運転中に車に衝突されるようなバイク事故となれば、場合によっては後遺障害が残るような怪我を負うこともあります。さらに、歩行中にバイクにはねられるようなバイク事故で命を落とすこともあり、残されたご家族の生活までも大きく変わってしまうわけですが、弁護士にご相談いただくことで、少しは安心できるのではないでしょうか。