福岡市西区で発生した死亡事故

福岡市西区で発生した死亡事故

福岡県では交通事故による死亡事故が増えているようですが、特に8月に入ってからは短期間に何件もの死亡事故が発生していたようです。その発生場所は、福岡県内の各地に分布しているようですが、たとえ死亡事故にはならなかったとしても、一歩間違えれば死亡事故になっていたかもしれないような交通事故は数多くあると思います。

特に、夏の福岡市内は県外からの車も多く、福岡市西区にも夏の渋滞が目立つ場所がたくさんあります。たとえば、福岡市西区には美しい松原が続く海水浴場があるため、家族連れの海水浴客が訪れることの多い場所です。そして海水浴となればやはり車で出かけることになり、中には無謀な運転をする車に出会って、ヒヤッとしたこともあるのではないでしょうか。

友達同士で1台の車に乗り込んで走る時は、盛り上がってスピードを出し過ぎることもあるでしょうし、会話に夢中になって運転に集中できずに横断中の歩行者を見落としてしまうこともないとは言えません。そんな車に出会って死亡事故の被害者となってしまうこともあれば、命に別状はなくても怪我を負ったことでその後の人生が大きく変わってしまうことがあります。

また、福岡市西区には観光スポットになっている離れ島もあり、夏はヒマワリ秋はコスモス鑑賞目的で、車を駐車場に止めて船で島に渡るという方も多く、駐車場の出入りの際には死亡事故とは言わないまでも、車の接触事故などが起きやすい状況が生まれていたかもしれません。

そして、冬になれば冬になったことで増える事故もあり、時には死亡事故となってしまうこともあるでしょう。実は、狭い日本とは言え日の出時刻や日の入り時刻が場所によって違うわけですが、冬の夕暮れはちょうど車の込み合う時間と一致することもあり、夕方の車の流れを見るとしっかりヘッドライトを点灯している車もあれば、スモールライトで走行している車もあります。

中には、まったくライトを点灯しないままの車も走っています。人によって暗さの感じ方は違うのかもしれませんが、ヘッドライトが付いていない車は運転者にとって周りが見えにくいだけでなく、周囲からも認識されにくくなるため大事故につながりかねません。

福岡市西区の海岸線などは博多湾に沈む美しい夕日を見る場所として人気があり、週末の夕刻になると訪れる車も増えるようですが、ぜひ安全運転を心がけていただき、日の入り30分前の点灯をお願いしたいものです。

実際、ヘッドライトが付いていないために車同士が出合い頭に接触したり、横断中の歩行者に気付かずに事故を起こしたりするケースも少なくないでしょう。

さらに福岡市西区にあるアウトレットモールには他県からの買い物客も多く、周辺の道路は海の風を感じてついスピードを出したくなるのかもしれません。ただ、周辺は住宅街も続く地域で、横断歩道での死亡事故などがいつ発生するかと思うような走行をする車も見受けられるようです。

実は、8月に発生した死亡事故の中でも、歩行者が死亡事故の被害者となったケースが目立つようで、しかも夜半過ぎから深夜にかけての死亡事故が多く、深夜ともなれば目撃者が見つからないこともあるかもしれません。死亡事故の現場によっては、まったく事故の状況がわからずに、加害者からの一方的な説明によって、損害賠償の交渉が進んでしまうこともないとは言えません。

そんな死亡事故の被害者のご家族の力になれるのが弁護士であり、損害賠償の交渉には弁護士の知識と実績が役立つはずです。もし、福岡市西区などで交通事故の被害者、そして死亡事故のご遺族となってしまった時は、交通事故案件の取り扱い豊富な弁護士が対応させていただきますので、ぜひ菅藤法律事務所にご相談ください。

tel-001