交通事故に遭われた福岡市早良区の被害者の皆様へ

 

交通事故に遭われた福岡市早良区の被害者の皆様へ

 

 福岡市早良区は南北に細長く広がり、福岡市の中で1番面積が広い区です。
 区の北部に博多湾、南部に緑豊かな背振山、西部に室見川、と海山川が出そろい、
豊かな自然に囲まれています。
 例えば、海沿いの百道地区には夏になると
海水浴やマリンスポーツを楽しむ人で賑わいます。

 かたや、プロ野球のシーズンはヤフオクドームに何万人ものファンが毎日おとずれます。
文教施設については、福岡タワーや総合図書館、福岡市博物館など
文化施設も集まっている、変化に富んだ魅力も持っているのが福岡市早良区です。

  この数年に限れば福岡市早良区での交通事故発生件数は、近年減少傾向にあり、それはよいことです。治療が必要な怪我をしてしまったらとはいえ、テレビ局やオフィスビル、高層マンションが立ち並ぶ百道地区を擁し、西南学院大学や修猷館高校などを擁する西新地区は、歩行者自転車を含め多くの人が行き交うため、交通事故の発生件数も少なくはありません。

 例えば、福岡市早良区田村で軽乗用車と歩行者が接触し、歩行者は病院に搬送された後、亡くなるという交通事故がニュース報道されたことがあります。歩行中と自転車は交通弱者として最も交通事故の被害に遭いやすいと言われています。

  また、自動車同士の交通事故の発生場所として最も多いのは交差点とされています。
 道路が交差し、進行方向の違う車が同じエリアを通過するため、
ちょっとしたルール違反や運転ミスが交通事故に繋がる危険な場所です。

どれだけ安全運転に留意していたとしても不慮の交通事故に巻き込まれる可能性はゼロではありませんし、そのときは、怪我の治療や仕事の休業を余儀なくされるなど心身への影響は避けられません。せめて正当な額の損害賠償を受け取り、交通事故に巻き込まれたことの精神的・肉体的な苦痛を少しでも癒していただくべきと考えます。

 交通事故の被害に遭ってお困りの方はできるだけ早く弁護士へ相談しましょう。そして、どのタイミングでどう動くのが効果的なのか、多様な知識を持っている経験豊富な弁護士にお任せするのがベストです。

 交通事故の解決にはより専門的な知識が必要であるため、知識と経験の違いが交渉力にダイレクトに反映されます。
 福岡市早良区にお住いの被害者は、交通事故に関する案件を20年以上2000件以上解決してきた、菅藤弁護士にぜひお任せください。

 

交通事故 福岡市早良区

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001