交通事故コラム

交通事故に遭ったら弁護士に相談を、北九州市の皆様へ

 

  交通事故に遭ったら弁護士に相談を、北九州市の皆様へ

 北九州市は県の北東端の位置する工業都市です。
 北九州の主な産業は、社会の教科書にも載っているとおり重化学工業で、東は関門海峡から西は洞海湾、東西約30キロの臨海工業地帯が発達している地域です。

 昭和38年に全国の県庁所在地以外で初めて政令指定都市となり、人口は100万人を超えています。
 img_0
 北九州空港、北九州港、新幹線の停まるJR小倉駅など、100万人都市にふさわしい人の行き来を保つトラフィックラインを誇っています。

 もちろん、国道3号線、九州自動車道、北九州都市高速道路を有し、クルマの交通量も非常に多いです。

 |交通事故に遭ったら弁護士に相談を、北九州市の皆様へ

 残念な話ですが、北九州市の交差点は、数年前の県内の交通事故多発交差点のワースト5に3つランクインしました。

 東田高炉広場入口、パイパス朽網、津田西の3つです。
 警察でもそれら3つの交差点での交通事故を減らそうと様々な改善措置を講じています。

 北九州市にお住まいの誰もが、交通事故の加害者にはもちろん、被害者にもならないように気を付けて生活しているはずですが、絶対に交通事故に遭わないとは限りません。

 本やインターネットで一通りの知識を得ることはできても、その知識をどう使って期待できる最善の結果を手繰り寄せられるか、そのためには時代が変化しようとも、やっぱり交通事故を扱った経験豊富な弁護士におまかせするのがベストです。

 菅藤法律事務所は、福岡市を拠点としつつも、九州山口を対象に、交通事故の人身被害者を救済するべく、専門知識を駆使し専門家との連携を活用しています。

 皆様のお役にたてることを仕事のやりがいに据え、誠実にすばやく対処してベストな解決のお手伝いをさせていただきます。

 福岡市近隣の交通事故の被害者からのご依頼の多い法律事務所ですが、むろん北九州市にお住まいの方からのご依頼にも誠実に素早く対応させていただきます。

 北九州市で交通事故の被害に遭われた方は、悩まず勇気を出してぜひ交通事故に強い菅藤弁護士にご依頼ください。

北九州市 交通事故 弁護士

  交通事故に遭い弁護士を探している北九州市の皆様へ

 北九州は工業都市としてのイメージが強いですが、スペースワールドや門司港レトロなど、九州各地や本州から人を呼ぶ観光地としての取り組みも活発に行われています。

 例えば、北九州市は山口県下関市と関門海峡で接しており、関門橋は関門自動車道という高速道路となり、関門トンネルは国道2号線や新幹線が通っています。

 毎年8月13日に北九州市門司区と山口県下関市の共催で開催される関門海峡花火大会には、110万人以上の人が訪れ、夏の風物詩として大変賑わっています。

 |交通事故に遭い、弁護士を探している北九州市の皆様へ

 北九州市は幹線道路が多くその分交通量が多いため、交通事故が起きることも珍しくありません。

 例えば、北九州市小倉南区合馬の九州自動車道下り線小倉南インターチェンジの南約500mの下り線で、路肩に停まっていた貨物車に大型トラックが追突し、その後続乗用車が大型トラックに接触して中央分離帯に衝突するという、複数の交通事故が競合する交通事故が起きたことがあります。

 その50分後には、約2㎞後方で、先行する交通事故のために起きた渋滞で停車中だった大型トレーラーにトラックが追突する交通事故の連鎖が起きました。

 九州自動車道では、周辺の流通倉庫へ向かうトラック、工業地帯へ向かう運送車などが非常に多く、いつ交通事故が発生してもおかしくない状態が日常化しています。

 交通事故に遭って怪我してしまったとき、たとえ命にかかわる大怪我を免れたとしても、心身への影響は決して避けられません。

 せめて適切な補償を受け取り、交通事故による精神的苦痛を癒し、経済的負担を軽減していただきたいと思います。

 といっても、交通事故の示談交渉はより高度な専門知識が必要となり、弁護士次第で獲得できる賠償金額にも
大きく差が出ます。

 交通事故でお困りの方、躊躇せず弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

 菅藤法律事務所は北九州にお住まいの方からも、交通事故に強い弁護士ということでご依頼いただいています。
1階に無料駐車場もあります、交通事故で人身被害に遭われた方は無料にて弁護士に相談いただけます。

北九州市 交通事故 弁護士

ページトップ