交通事故コラム

博多でバイク事故に遭われた被害者の方へ

 

博多でバイク事故に遭われた被害者の方へ

 博多区は福岡市を構成する7区のうちの1区であり、博多港・博多駅・福岡空港など福岡県の主要な交通網があることから陸・海・空における福岡の玄関口として知られています。なかでも新幹線やJR各路線、地下鉄、バスなどを利用することができる博多駅は、その周辺に会社や学校、ショッピングのできる商業施設や、来訪者を迎える多数のホテルが密集しており、周辺の交通量は朝と夕方の通勤・通学時間帯だけでなく、昼でも夜でも常に多いところです。  

 コロナ禍以降リモートワークが普及したものの、全てリモートワークに置き換えるわけにはいかず、感染防止のために地下鉄・バス・JRといった公共交通機関でなくマイカーやバイクなどを利用して博多に出勤される方も増えてきました。
バイク

 特に、バイクは自動車と同じような速度で走行することができ、自動車に比べると駅近くの駐車料金を低く抑えられることもあるため、博多周辺への通勤・通学、お買い物にバイクを利用される方も増えたのではないでしょうか。

 交通量の多い繁華街などでは、直進しようとしたバイクと対向車線から右折しようとしていた車が交差点の中で衝突するとか、交差点で左折しようとしたバイクが同じ交差点を左折しようとした車両に巻き込まれるというバイク事故も後を絶ちません。

 バイクは車とは異なって、身体が外部に露出しています。加えて、バイクには車のようなシートベルト、エアバックなどのような身体を守る装備が多くないため、事故の衝撃が軽微であったとしても、バイク運転中に事故に巻き込まれた被害者が骨折や手術を伴うような重傷を負ってしまうというケースは珍しくありません。
 

 バイク事故に限らず、交通事故により怪我をされた被害者の方には事故の相手方に対して、交通事故により発生した損害について賠償請求できる権利があるのですが、交通事故交渉は弁護士の中でもその知識や経験の差が交渉結果にダイレクトに反映されると言われる難しい分野となりますので、相手損保から正当な賠償を受け取るためには専門的な知識や交渉力のある弁護士に相談し、交渉を行っていくことをおすすめします。

 実際に、弁護士など専門家に相談しないままご自身で相手損保と交渉されているバイク事故被害者の方の中には、加害者側からの提示金額に納得できない、提示金額は適切なものなのか不安に感じられてご相談に来訪されるという方も多くいらっしゃいます。

 特に、バイク事故による怪我で後遺障害が残ってしまったというような場合は、弁護士など専門家の助力の有無によって成果が大きく違うことも珍しくありません。

 弁護士に依頼することで、相手方との面倒なやり取りや不安からも解放され、バイク事故により負ってしまった怪我の治療に専念することもできるかと思います。バイク事故に巻き込まれ、今後の対応などお困りの方は弁護士へ相談されることをおすすめします。
 玉突き事故被害者

 福岡の菅藤法律事務所ではこれまで25年以上にわたり、様々な交通事故案件のご相談やその交渉の依頼を受け、解決してまいりました。バイク事故に関するご相談も多数の解決経験がございます。人身被害を伴うバイク事故被害者の方は初回のみ無料にて相談を行っておりますので、博多にお住まいでバイク事故に関するお悩みをお持ちの方はお気軽に菅藤法律事務所までご相談下さい。

 菅藤法律事務所は大濠公園のそばにあり、最寄り駅は福岡市地下鉄大濠公園(福岡市美術館口)駅になりますので、博多から地下鉄やバスなどを利用されてお越し頂く場合のアクセスも良好です。お車やバイクでお越しの際も当事務所の1階に無料駐車場をご用意しておりますので、お気軽にお申し付け下さい。

ページトップ