御依頼者の声です~福岡市中央区20代男性の交通事故

御依頼者の声です~福岡市中央区20代男性の交通事故

思ったよりもスムーズにいきましたので助かりました。とてもありがとうございました。お世話になりました。

131010福岡市中央区20男GY

  お客様のご紹介によりご依頼を受けました。
最初のご相談の時点では治療が終了し、既に交通事故の相手が加入している損保からの賠償額提示がなされていました。
弁護士へのご相談の動機は、相手損保の提示する過失割合と各項目の査定が適正なのかをチェックしてほしいというものでした。

詳しく聞いてみると、治療の全貌を通院期間は半年以内にとどまっており、画像所見も見当たらないことから、後遺障害の認定は極めて難しい状況にあることがわかりました。
そこで、現在交通事故の相手損保から提示されている項目に即して、その各項目の獲得額を最大限にすることを目標に設定し、戦略を組み立てました。さいわい、弁護士費用特約に加入されておられたので、費用倒れの心配は全くありませんでした。

交通事故の相手損保の提示した過失割合は弁護士の視点からもより有利な数値を獲得できないだろうと思われる数値だったのですけれども、幸い人身傷害保険を締結されていたことから、それを組み合わせる方法で過失が全くない場合と完全に同じ額を獲得することに成功しました。
むろん、賠償額は弁護士が就任した場合に獲得できる水準にまで引き上げることに成功しました。
弁護士に適切なタイミングで相談されていなければ、人身傷害保険の使い方を誤り、過失が全くない場合と完全に同じ額を獲得することはできなかった危険のあるケースです。弁護士への相談と依頼をベストのタイミングで活用していただいたケースといえるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001