人身事故被害の際は車の保険内容をご確認下さい

 

人身事故被害の際は車の保険内容をご確認下さい

 車に乗って人身事故の被害に遭われた場合、加害者の加入する損保会社と交渉を始められる際は交通事故分野に詳しい弁護士へ相談されることを強くおすすめします。
 被害者にとっては、人身事故により怪我を負わされ、その治療のために通院しなければならないなど肉体的苦痛だけではなく、精神的苦痛を受けているなか、相手損保から示談に関する連絡を受け、人身事故による損害賠償はいくらくらいが適切なのか、相手損保の言うままに話をすすめてしまっても良いのだろうかと不安を抱えて、福岡の菅藤法律事務所に来訪される方が多数いらっしゃいます。

 人身事故後の交渉を相手損保と行われている方が多いかと思いますが、交渉相手となる相手損保は、普段から交通事故案件を多数取り扱い、交通事故に関する専門的な知識や交渉の経験が豊富であるため、事故類型別に交渉の流れや慰謝料の金額などおおよその情報を詳細に把握しています。
 そのため、交渉の主導権を相手損保に握られているように感じたり、交渉には専門的な知識が出てきたりと被害者側からすると不利な状況が生まれてしまう可能性もあります。
 人身事故となると、怪我に関する治療費や通院交通費・入通院慰謝料だけではなく、ひどい怪我の場合には後遺症慰謝料、仕事への出勤に影響が出た場合には休業損害、他にも逸失利益など様々なものが損害として生じるケースがありますが、このような様々な損害に関して、各項目ごとに適切な賠償金額をご自身で判断するのは容易なことではないと思います。
 人身事故に関する交渉は弁護士の中でもその経験や知識の差が賠償金額等の結果にダイレクトに影響すると言われている分野ですので、相手損保と交渉を行う際は被害者側も交通事故に関する法律的な知識や交渉の経験を有した交通事故に強い弁護士に交渉を委任することをお勧めします。
 人身事故の交渉を弁護士に委任することで、煩わしい手続から解放されるだけではなく、交通事故に関して専門的な知識や経験豊富な弁護士が交渉を行うことで賠償金額の増額も期待できます。

 例えば、人身事故によって受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金である慰謝料は自賠責・任意保険・弁護士の3つの算定基準があるのですが、弁護士に委任して示談交渉する場合の弁護士基準が最も高額となっています。ぜひお気軽にご相談下さい。
 人身事故に関して適切な賠償を受けられているか分からないという方や、相手損保からの提示に対して納得がいかないと思われている被害者の方の中には、人身事故に関して弁護士へ相談するとなると、高額な料金がかかるのではないかと不安に思われている被害者の方もいらっしゃいます。
 ご自身が所有されている車やご家族が所有されている車に弁護士費用特約が付保されている場合、弁護士への相談料金やその後の手続費用はお客様が付保している自動車保険会社の負担となりますので、実質的にはお支払いいただく料金が発生しない場合もあります。一度保険内容を確認されてみてはいかがでしょうか。

 車の所有がなく、自動車保険以外の保険にも弁護士費用に関する保険を付けていないという方も中にはいらっしゃいます。そこで、菅藤法律事務所では人身被害を伴う交通事故の被害者の方は初回のみ無料相談を行っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。
 交通事故の発生状況や怪我の状態等をお伺いしたうえで、相手方から受け取ることができる賠償額より弁護士への相談料等の支払の方が高くなる、費用倒れとなる場合は相談時にきちんとお伝え致します。
 菅藤法律事務所では20年以上、様々な交通事故案件を解決してきましたので、実務に基づいて被害者の方のお悩みを解決することができます。人身事故でお悩みの被害者の方は交通事故に強い菅藤法律事務所へぜひご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001