自転車事故被害で慰謝料請求をお考えの方へ

 

自転車事故被害で慰謝料請求をお考えの方へ

  自転車は、運転免許を取得せずに運転することができる車両であるため、学生などの子供から大人まで誰でも簡単に運転することができ、通学・通勤やちょっとした買い物などに便利な乗り物です。
  しかし、小回りなどもききやすく、気軽に移動しやすい分、思いがけないところで交通事故に巻き込まれる可能性が高いのではないかと考えます。
 例えば、横断歩道を自転車に乗って渡ろうとした際にクルマにあてられる、自転車で交差点を通過しようとした際に左折しようとしたトラックに巻き込まれる、路外の駐車場から道路に進入しようとしたクルマに歩道を自転車で移動しようとしているときに左横からあてられる、いずれも実際に弁護士菅藤がご相談いただいた自転車事故被害の一例です。
 自転車事故に巻き込まれ怪我をした場合、治療費や通院交通費、慰謝料、休業損害や、自転車の修理代などを相手損保へ請求する必要が出てきます。
 自転車事故に遭われた方の中には、直後はそんなに酷く痛みを感じなくてもしばらくして我慢できないほど痛みが悪化し、別病院で再診察してみたら内部組織に損傷があったとかいうこともありますし、出会い頭衝突という類型が自転車事故の場合には多く過失割合が問題となることも珍しくありませんので、人身被害を伴う自転車事故はぜひ早めに弁護士へ相談されることをお勧めします。
 自転車事故に関する賠償交渉を行っていくなかで相手損保から提示される慰謝料などの損害額は、自社内の算定基準に基づいて算出されているのですが、その慰謝料などの提示金額が妥当であるかということについて弁護士から説明を受けることができますし、類似の事故の場合と比較して交渉を進めていくことができるためご自身で交渉される場合と比べて慰謝料などの増額が期待できます。
 菅藤法律事務所では自転車事故で人身被害を受けた方から相談・交渉の依頼を受けたこともございます。自転車事故の被害に遭われお困りの方は、ぜひ菅藤法律事務所までご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001