追突事故被害者は弁護士へお気軽にご相談を

 

追突事故被害者は弁護士へお気軽にご相談を

 福岡県警の発表によりますと、福岡県内で発生している交通事故人身被害のうち、事故類型の4割を追突事故が占めており、他の事故類型に比べ追突事故が最も多い事故類型です、これは全国どこも共通しています。
 追突事故被害者の方からは、『前方の信号に従って停車している時に後続車に追突された』という話や『道路脇のスーパーに入ろうと右ウィンカーを出して車道上で待機していたときに、前方不注視の後続車に追突事故を起こされた』という話をよく耳にします。
 追突事故の特徴は、基本的に被害者に過失はないということです。被害者自身が交通ルールを守り、注意を払いながら運転していても被害者になってしまうことがあるということです。
 また、追突事故被害者の中には事故時に骨折や椎間板脱臼など画像でハッキリわかる異常所見が見当たらなくても、首や腰などにむち打ちの症状のような違和感が残るというケースが珍しくありません。
 追突事故被害者となり、このような症状が残った場合、車に生じた損害はもちろん、追突事故により被った怪我に対する正当な賠償額を得るためには交通事故交渉に強い弁護士に相談されることをお勧めします。
 交通事故に関する交渉は、弁護士でもその経験や知識の差によって受け取ることができる示談金に大きく差が生じると言われている分野であるからです。
 追突事故被害者の方の中には物損が軽微で追突事故直後から痛みをすぐに感じなかったなどで、警察への診断書提出をせずに済ませてしまう方もいらっしゃいますが、そういうすることは思わぬ不利益をのちに受けることがあります。
 それに、加害者の損保会社担当は交通事故交渉に関する専門知識が豊富で経験も多いことから、治療中に、疑問や不満を覚えることも多いのではないでしょうか。
 追突事故被害者となり、お困りの方は交通事故に強い菅藤弁護士への相談を検討されてみてはいかがでしょうか。菅藤法律事務所は長年福岡で交通事故のご相談を承ってまいりました。実際に追突事故被害者の方からの依頼も受けつけております。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001