福岡市博多区で発生したバイク事故

福岡市博多区で発生したバイク事故

交通事故の中でも特に大きな怪我を負ってしまうのがバイク事故ではないでしょうか。ご家族の誰かが日頃バイクを運転しているとなれば、バイク事故など起こさないようにと願うこともあると思います。この場合のバイク事故とは、バイク事故の加害者となってしまうことであり、バイクを運転中に歩行者をはねるといった交通事故を起こさないようにと案じているわけです。

ただ、中にはバイクを運転していてバイク事故の被害者となることもあるでしょう。バイク対車の衝突となれば、頭を保護するためのヘルメットを着用しているとは言っても、身体全体を危険から守るための装備は足りないことが多く、脊髄損傷や脳挫傷などの大きな怪我を負うこともあり、怪我だけでは済まない場合も多いようです。

そして、特にバイクが交通事故に巻き込まれやすいのが、交差点での左折時の交通事故です。福岡市博多区にも左折車両の多い交差点がいくつもあり、危険マップなどでも福岡市博多区の交差点のいくつかが要注意個所として指摘されているようです。

たとえば、福岡市博多区の国道3号線上には、福岡の東部から空港や九州自動車道に向かう車が左折する交差点がいくつもあるため、バイク事故も発生する危険が大きいのではないでしょうか。

福岡市博多区内の国道3号線は大型のトラックが走行することも多く、トラックに巻き込まれてのバイク事故となれば、さいわい命が助かったとしても、寝たきりの生活を余儀なくされることもあるでしょう。

また、原付バイクがバイク事故に巻き込まれて、運転者が死亡するようなこともありますので、バイク事故に遭わないように慎重に走行するよう心掛けたいものです。

実は、福岡市にはたくさんの大学があり、大学生が原付バイクで通学する光景をよく目にします。おそらく、思わずヒヤッとする場面に遭遇したことのある方もいるのではないでしょうか。特に暑い季節はTシャツ1枚でバイクに乗り、きちんと法定速度を守って走行していたとしても、スピードを出した大型トラックにちょっと接触されただけでもひとたまりもありません。

また、市内での生活や道路に慣れていないことで、バイク事故の被害者になってしまうこともあるのではないでしょうか。大学生の場合、実家の住所で登録されたバイクを通学に利用することも多く、バイクのナンバーを見ると他県ナンバーも多いようです。

そんな状況から想像すると、大学に通うために離れて暮らすお子さんがバイク事故に巻き込まれたと連絡があった時は、一目散に駈け付けたいと思うはずです。被害に遭って病院に運ばれたとなれば、普段一緒に暮らしているご家族でもどうしたらいいかわからなくなることが多いものですが、離れて暮らすご家族であればなおさら戸惑うことも多いと思います。また親類や知人のいない土地での事故後の交渉事で苦労することもあるかもしれません。

ただ、実際にバイク事故の被害に遭ってしまったとしたら、頼れるものは何でも頼りにしていただいて、たとえばすぐに弁護士にご相談いただくことも、バイク事故に対応する上で必要かと思います。実際、弁護士など必要ないと思われていた事案が交渉に行き詰まったために、ようやく弁護士にご相談いただいて、一気に交渉が進むことがあります。

あるいは、後遺障害の等級判定に、弁護士のこれまでの経験が生かされることも多いと思いますので、まずは弁護士にご相談ください。歩行者がバイクにはねられるといったバイク事故の被害者となってしまった時、あるいはバイクを運転中にバイク事故の被害者となってしまったなど、福岡市博多区のバイク事故については、これまでに多くのバイク事故を取り扱ってきた菅藤法律事務所にお任せいただければと思います。

tel-001