福岡の交通事故での後遺症

福岡の交通事故での後遺症

福岡で生活している方であれば、福岡ほど暮らしやすい街はないと感じることも多いのでしょう。交通の利便性も良く過ごしやすい気候で、さらに美味しい食べ物がたくさんあると自負していることと思います。ただ、一つ福岡の残念な点を挙げるとしたら、それは交通事故の多さかもしれません。

交通事故の発生件数を見ても、さらに発生率を見ても、福岡は交通事故の発生が多い地域であり、当然交通事故の被害者となった経験をお持ちの方も多いことになります。

そして、中には交通事故によって後遺症が残り、その後遺症のために残りの人生を車椅子で過ごすことになったり、後遺症のためにリハビリを続けている方もいることでしょう。交通事故の後遺症で夢をあきらめたり、仕事を変えざるを得なかったという方も少なくないと思います。それだけ、交通事故による後遺症は、人生を変えてしまう可能性があり、少しでも交通事故後の生活を補うために、十分な損害賠償を受け取る権利があると思います。

ただし、交通事故の損害賠償が納得できる内容とはならないことも多く、妥協してしまったり、後遺症の治療に専念するために保険会社に任せきりになってしまうケースなどもあるようです。

実は、そんな交通事故の損害賠償の金額を大きく左右するのが、後遺症の等級認定です。後遺症は、症状が固定して以後治療を続けてもそれ以上回復しないとみなされた時に後遺症とされます。その後、後遺症の等級が決まるわけですが、この後遺症の等級が逸失利益などを算定する際の基準になるため、場合によっては後遺症の等級認定に納得できないことがあるかもしれません。

そんな時、なかなか個人の力では後遺症の等級認定を覆すことが難しいとしても、弁護士が間に入ることで状況が変わることもあります。そして、そういった案件を菅藤法律事務所では、数多く取り扱ってきました。少しでも、交通事故被害者の方が安心して治療に専念できるよう、そして事故後の生活が安定するようお手伝いさせていただきますので、福岡をはじめとして九州・山口の交通事故での後遺症については、菅藤法律事務所にご相談下さい。

tel-001