自動車事故による後遺症が心配ならばすぐ弁護士に相談を

 

自動車事故による後遺症が心配ならばすぐ弁護士に相談を

 自動車事故で痛みを伴う怪我をこうむったとき、病院等で治療を開始し、治るまで続ける人がほとんどのはずですが、自動車事故などの交通事故により怪我を負った場合、急性期症状が沈静化した後もなお機能障害や神経症状や傷痕が残る場合もあります。
 自動車事故の被害に遭い、一定期間病院等で治療を行ってもなお症状の改善が見られずこれが残存する場合は、症状固定として治療を終了し、残存する症状については後遺障害としての補償を求めることになります。後遺障害としての補償を求めるには、後遺障害診断書を病院に発行してもらい、自賠責で後遺障害として適切な認定を受けなければなりません。

 自動車事故において後遺症が残存した場合、それを後遺障害として認定してもらえるかどうかは自動車事故で受け取る損害賠償額に大きく影響するため、早い段階で弁護士に相談して、誤りのない治療を受けたうえで、後遺障害診断書を必要十分な内容に記してもらうことが必要です。そのためには、後遺障害申請を数多く体験し、専門ノウハウを蓄積した、交通事故に強い弁護士に依頼することは、病院選びに並んで重要なポイントの1つと言えるでしょう。
 弁護士へ相談すると、ものすごく高い料金が発生するのではないかと不安に思われる方もいらっしゃいますが、ご自身やご家族の自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合、弁護士への相談のみならず、依頼した際の弁護士費用まで実質無料となる場合もあります。
 自動車事故による後遺症が心配でお悩みの方は、すぐにご自身やご家族の自動車保険に弁護士費用特約が付いているか確認されてみてはいかがでしょうか。
 菅藤弁護士はこれまでに福岡はじめ九州の各地に住む方から自動車事故による被害に遭われ、後遺症と診断された方の相談や依頼を多数受けてきました。自動車事故の被害に遭われ、後遺症の申請などでお悩みの方は、福岡の菅藤法律事務所にご相談ください。1階に無料駐車場あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001