交通事故コラム

福岡市西区で発生した死亡事故

福岡市西区の死亡事故などについて

福岡市内には死亡交通事故が発生しやすい要注意の交差点などが数多くありますが、過去に何度か繰り返し死亡事故が発生している場所もあります。そして、現場周辺にお住まいの方、あるいは死亡事故現場をよく通るという方であれば、改めて死亡事故の恐ろしさを確認することもあるでしょう。死亡

たとえば、西区の場合、愛宕交差点などは死亡事案が発生しやすい場所として西警察署でも注意を促しているようです。この交差点は比較的スムーズに車が流れてはいるものの、道幅が広いために横断歩道の距離も長く、歩行者の方にとっては難所と言えるのかもしれません。

さらに国立大学の福岡市西区への移転が大きな変化を生んでいるようです。その変化の1つが福岡市西区の人口増加であり、人口増加に伴う交通事故発生の懸念もあるしょうか。

たとえば、大学が移転することで周辺には学生向けのアパートが増え、人の流れに伴い交通量も増加します。バイクで通学する学生も多く、被害者か加害者のどちらになるかは運次第といった交通事故も増えているかもしれません。

また、国立大学があるということで文教地区のイメージが浸透し、子育て世代が転入してくるケースも多いようで、通学路の安全には配慮が必要です。

福岡市内でも、特に横断中の歩行者が事故に巻き込まれやすい場所は、注意を促すだけでなく、歩車分離式信号を設置するなどの安全対策も行われています。福岡市西区の場合は、浜駅周辺や区役所前の交差点などで歩車分離式信号が適用されているはずです。ただ、事故が起こる原因は交差点や渋滞、見通しの悪さなど道路の形状や状況が関わっているとは限らず、ドライバーの身勝手な運転によることの方が多いのではないでしょうか。

たとえば、酒気帯び運転で容疑者を逮捕といったニュースを目にすることも多いと思いますが、取り締まりで飲酒が発覚したことで幸い事故の被害者が出ずに済むこともあるわけですが、中には事故を起こした後で酒気帯び運転だったことがわかるというケースもあります。飲酒によって歩行者を見落としてしまうこともあるでしょうし、飲酒によって正常な運転ができずに他の車に衝突するようなこともあるでしょう。

もちろん、事故の発生が多いからと言って、必ずしも死亡事故となるわけではありません。現に、平成28年の事案の発生件数を見ても、1,300件近くの交通事故の発生に対して、死亡事案は3件となっているようです。この数字は、他の区に比べても少ないわけですが、たとえ死亡事故ではなかったとしても、被害に遭われた方は怪我を負い、後遺症が残れば以前と同じような生活を送ることも難しくなるわけです。

死亡

その責任を損害賠償や慰謝料という形で加害者に償ってもらうことになりますが、特に死亡事案の場合は、当事者が死亡しているために相手側の言い分ばかりが通り、納得できないというケースも多いものです。

それでも最近は、コンビニなどに防犯カメラが設置され、交通事故の瞬間がカメラに収められていることもありますし、交通事故を起こした車のドライブレコーダーから交通事故発生の原因が解明するケースも増えているため、加害者の言い分だけが通るということはないでしょう。

ただ、裁判になっても、死亡事故だからと言って必ずしも遺族の心情をくみ取る結果が得られるとは限りません。

もちろん、飲酒運転や無免許運転は加害者側がどんな弁解をしようとも受け入れられるものではありませんし、悪質な運転によって被害者となってしまった場合は、裁判によって慰謝料が増額されるなどの判例も多くあります。

そして、死亡事故の場合は、死亡された方の逸失利益の算定によって、損害賠償の額が大きく変わってくることもあります。

ただ、この逸失利益の算定も、これまでの死亡事案の取り扱い経験豊富な弁護士に任せることで、大きく変わることがあります。たとえば、年金生活を送っていた方が死亡事故に遭われた時に逸失利益が認められるのか、アルバイト収入を得ていた学生の死亡事案、専業主婦の方の死亡事案などこれまでの判例をもとに判断が大きく違ってくる場合があります。

さらに、事故によって大きな怪我を負い仕事を休まなければならない時などは休業補償を請求できるわけですが、専業主婦の方であれば元々収入がないために休業補償には当たらないと思われがちですが、弁護士が間に入ることで交渉がスムーズに行くこともあります。

そして、どんな状況でも死亡事故で不利な状況にならないために、まずは弁護士に相談することをお勧めいたします。福岡市西区の死亡事故は、菅藤法律事務所に安心してご相談ください。

福岡市西区で発生した死亡事故

福岡県では交通事故による死亡事故が増えているようですが、特に8月に入ってからは短期間に何件もの死亡事故が発生していたようです。その発生場所は、福岡県内の各地に分布しているようですが、たとえ死亡事故にはならなかったとしても、一歩間違えれば死亡事故になっていたかもしれないような交通事故は数多くあると思います。

特に、夏の福岡市内は県外からの車も多く、福岡市西区にも夏の渋滞が目立つ場所がたくさんあります。たとえば、福岡市西区には美しい松原が続く海水浴場があるため、家族連れの海水浴客が訪れることの多い場所です。そして海水浴となればやはり車で出かけることになり、中には無謀な運転をする車に出会って、ヒヤッとしたこともあるのではないでしょうか。

友達同士で1台の車に乗り込んで走る時は、盛り上がってスピードを出し過ぎることもあるでしょうし、会話に夢中になって運転に集中できずに横断中の歩行者を見落としてしまうこともないとは言えません。そんな車に出会って死亡事故の被害者となってしまうこともあれば、命に別状はなくても怪我を負ったことでその後の人生が大きく変わってしまうことがあります。

また、福岡市西区には観光スポットになっている離れ島もあり、夏はヒマワリ秋はコスモス鑑賞目的で、車を駐車場に止めて船で島に渡るという方も多く、駐車場の出入りの際には死亡事故とは言わないまでも、車の接触事故などが起きやすい状況が生まれていたかもしれません。

そして、冬になれば冬になったことで増える事故もあり、時には死亡事故となってしまうこともあるでしょう。実は、狭い日本とは言え日の出時刻や日の入り時刻が場所によって違うわけですが、冬の夕暮れはちょうど車の込み合う時間と一致することもあり、夕方の車の流れを見るとしっかりヘッドライトを点灯している車もあれば、スモールライトで走行している車もあります。

中には、まったくライトを点灯しないままの車も走っています。人によって暗さの感じ方は違うのかもしれませんが、ヘッドライトが付いていない車は運転者にとって周りが見えにくいだけでなく、周囲からも認識されにくくなるため大事故につながりかねません。

福岡市西区の海岸線などは博多湾に沈む美しい夕日を見る場所として人気があり、週末の夕刻になると訪れる車も増えるようですが、ぜひ安全運転を心がけていただき、日の入り30分前の点灯をお願いしたいものです。

実際、ヘッドライトが付いていないために車同士が出合い頭に接触したり、横断中の歩行者に気付かずに事故を起こしたりするケースも少なくないでしょう。

さらに福岡市西区にあるアウトレットモールには他県からの買い物客も多く、周辺の道路は海の風を感じてついスピードを出したくなるのかもしれません。ただ、周辺は住宅街も続く地域で、横断歩道での死亡事故などがいつ発生するかと思うような走行をする車も見受けられるようです。

実は、8月に発生した死亡事故の中でも、歩行者が死亡事故の被害者となったケースが目立つようで、しかも夜半過ぎから深夜にかけての死亡事故が多く、深夜ともなれば目撃者が見つからないこともあるかもしれません。死亡事故の現場によっては、まったく事故の状況がわからずに、加害者からの一方的な説明によって、損害賠償の交渉が進んでしまうこともないとは言えません。

そんな死亡事故の被害者のご家族の力になれるのが弁護士であり、損害賠償の交渉には弁護士の知識と実績が役立つはずです。もし、福岡市西区などで交通事故の被害者、そして死亡事故のご遺族となってしまった時は、交通事故案件の取り扱い豊富な弁護士が対応させていただきますので、ぜひ菅藤法律事務所にご相談ください。

ページトップ