福岡で追突事故の被害に遭った場合

 

福岡で追突事故の被害に遭った場合

   福岡県では1年間で約3万4000件の交通事故が発生していますが、そのうち追突事故は約1万3000件と、交通事故の約3分の1を占めています。
 多くの交通事故では、被害者に落ち度はなく専ら加害者の前方中止義務違反と車間距離保持義務違反のみが問題視されるため、過失割合は100(加害者):0(被害者)として処理されています。
 この場合、被害者の側から加害者側に対し損害賠償を支払う必要がないため、被害者自身が加入する損害保険会社の担当者に相手側との示談交渉を行ってもらうことが出来ません。この場合、被害者自身で相手側の損害保険会社と直接交渉をしていく必要があります。
 被害者の被る損害の種類には、修理費あるいは車両時価、代車期間や評価損といった物損と、治療費や休業損害、慰謝料、さらには後遺症に対する人損があります。これら各項目に十分な補償を受けるためには、被害者側にも自動車事故に関する法的知識が求められます。こちらの知識不足に付け込まれ、裁判基準よりも低い損害賠償額で話を進められ、十分な補償を受けることが出来なくなることが考えられるためです。
 そのような事態を防ぐため、福岡で追突事故に遭った場合は早い段階から追突事故に強い弁護士に依頼することをお勧め致します。弁護士に依頼することで被害者自身が直接相手方の損害保険会社との交渉をする必要がなくなる上に、裁判基準相当の賠償金を獲得することが出来る可能性もあり、知識不足による不安も解消されることでしょう。
 弁護士への依頼費用を心配される方もいらっしゃるかと思いますが、ご自身が加入されている自動車保険やご家族が加入されている自動車保険で弁護士費用特約を付けている場合、弁護士費用の手出しが実質0円になることもあります。交通事故に遭ったら当然ですが、遭う前にもご自身やご家族の自動車保険に、どういう場面で弁護士費用を自分の損保会社に出してもらえるか、弁護士費用特約が付いているか確認されてみてはいかがでしょうか。
追突事故に遭い、お悩みの方は交通事故に強い福岡の菅藤法律事務所までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001