交通事故の人身被害に遭われた東峰村にお住まいの方へ

交通事故の人身被害に遭われた東峰村にお住まいの方へ

朝倉郡東峰村は、福岡県の南東部に位置し、大分県の日田市と隣接しており、『山里の「智」と「技」から創造する新しい村づくり』をキャッチフレーズとする、自然豊かな地域です。ただ、福岡にお住いの方であればご存じかと思いますが、自然豊かな東峰村も平成29年の九州北部豪雨の被害を受け、河川や周辺道路の普及事業が行われております。

行われているというのは、未だに完成には至っていない個所もあるということで、特に住民の方たちにとっての主要交通機関であるJR日田英彦山線が豪雨の影響を受け運休状態となり、バスによる代替輸送に頼らざるを得ない状況にあります。そんな中で、不便さを解消するために、移動には車が欠かせずに交通量が増える原因にもなり、交通事故が増えることにもなりかねません。

今まではのんびり歩けていた道路をスピードを出す車が往来するようになり、ヒヤッとした高齢者の方もいることでしょう。災害の影響で道幅が狭くなった道路であればなおさらのことです。

実は、東峰村の65歳以上の人口の割合は、福岡県内74の地域の中で1位とも言われています。警視庁のホームページによれば、この10年間で全交通事故の件数は23%減少しています。その一方で、高齢運転者が関与した交通事故は10・9%から20・4%と1・9倍に増加しているそうです。日本の人口の65歳以上が占める割合がここ10年で約1・5倍に増えていることも高齢者の交通事故が増えている要因のひとつです。ただ、高齢者の交通事故は、歩行中の交通事故もあれば、運転中の交通事故もあります。

たとえば、交通事故の発生しやすい場所として、交差点が挙げられるのは言うまでもありません。 交差点は異なる方向に車が走る道が重なっているため、どうしても交通事故が発生してしまうのは仕方ないことだとも言えます。しかし、残念なことにどんなに気を付けていても、普段通り慣れている場所や思いもしない場面で、交通事故の被害者になることもあります。 特に住宅街などの道路は、混んでいる幹線道路の抜け道として利用されるケースがあります。このような道路では、幹線道路でのスピードのまま走行する車がいたり、慣れている道だからこその気の緩みから、交通事故が発生することが多いのです。

歩行中にスピードを出し過ぎた車にはねられて亡くなったり、前方不注意による車にはねられて後遺症が残るような交通事故被害もあれば、車を運転中に後方から追突されて打撲やむち打ちのような怪我を負うこともあるかもしれません。そして、どんな事故であれ突然の交通事故に巻き込まれた時は、ほとんどの方が初めて経験することで、怪我の治療だけでなく慰謝料の問題など今後の対応に不安を持つでしょう。そんな時に頼りになるのが弁護士です。

たとえ、弁護士が知り合いにいたとしても、必ずしも交通事故に詳しい弁護士とは限りません。弁護士業務の中でも特に交通事故は、専門的な知識・経験が豊富かどうかで、結果に差が出てきます。

もちろん、弁護士費用を考えれば躊躇してしまうかもしれませんが、ご自身が加入している自動車保険や損害保険を確認すると、弁護士費用の掛からない特約に加入しているケースも多く、加入していない場合でも人身事故の被害に遭われたのであれば、法律相談を無料でお受けすることもできますので、まずはお問い合わせいただければと思います。

交通事故に詳しい弁護士をお探しの方、福岡の交通事故に強い菅藤法律事務所へ是非ご連絡ください。当事務所は福岡の中心部にあり、東峰村からお車でご相談に来られる方も1階に無料の駐車場がございます。また、公共の交通機関をご利用の方、博多駅や天神からのアクセスも良好です。当事務所までお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001