自動車事故に強い弁護士をお探しの北九州市の被害者の皆様へ|慰謝料相談

自動車事故に強い弁護士をお探しの北九州市の被害者の皆様へ|慰謝料相談

北九州市には、城下町が広がる小倉城、源平の壇ノ浦合戦の舞台となった関門海峡、新日本三大夜景に選定された皿倉山など、歴史や景観に溢れる見どころがたくさんあります。特に、門司港は、明治以降に神戸・横浜と並ぶ日本三大港のひとつに数えられた国際貿易港で、門司港レトロが近年、観光スポットとして注目を集めています。

ただ、北九州市は100万人を超える人口を抱える巨大都市なので、その分交通事故の件数も多いです。かつて、北九州市小倉南区下城野の国道322号線で、大型トレーラーが信号待ちのため停車中の車に衝突して横転し、爆発炎上する自動車事故がニュース報道されたことがあります。この自動車事故でトレーラーと車は2台とも全焼したそうです。

 

工業が盛んな北九州の国道では、周辺の流通倉庫へ向かうトラックや、工業地帯へ向かう運送車などが非常に多いため、そこで暮らす人々にとって自動車事故に巻き込まれるリスクがあります。そのため、北九州市では交通事故を防ぐために、運転者の方たちに向けて歩行者がいなくても横断歩行前で減速するといった注意喚起を行うと同時に、歩行者の方たちに向けても青信号でも左右を確認し、夜間の外出時は明るい服装や反射材を身に付けるといったことを提案しているようです。

では、万が一ご自身が交通事故の被害者となってしまったら、と考えたことはあるでしょうか。テレビで交通事故のニュースを見たとしても、おそらく自分にはまったく関係ないこととして、よほど悲惨な事故でない限りすぐに忘れてしまうものです。もちろん、その事故で被害者に慰謝料がどの程度払われるかなど考えてもみないことでしょうし、もちろん十分な補償がなされるものと思っているかもしれません。

ただ、被害者となった方は、おそらく事故後の保険会社との慰謝料の交渉などに追われて、怪我の治療もそこそこに本やインターネットと格闘しているかもしれません。死亡事故であれば残されたご家族が、明日からどうやって生活していこうかと途方に暮れているかもしれません。もちろん、被害者の立場であれば、加害者側の保険会社が窓口となって十分な対応をしてくれるとは思いますが、実例などを見ると、被害者の思いと保険会社の考えにはかなりの温度差があり、本当によくやってくれたと思えるような例は少ないようです。

そこで、万が一ご自身が交通事故の被害者となってしまった時、後悔するような交渉となってしまわないようにするにはどうしたらいいのか、ということを知っていただければと思います。そして、自動車事故の被害者になってしまったら、早い時期に弁護士に依頼をしたほうが、より早く問題が解決すると言えます。もちろん、早い解決というだけでなく、被害者の方が納得できる結果に近づけることができます。

自動車事故の損害賠償交渉は、加害者本人ではなく、損保会社の交渉専門の担当者が行うことがほとんどです。保険会社の担当者はキャリアとスキルを積んだ交通事故のプロなので、被害者も自動車事故に関する相当な法的知識を持っていなければ太刀打ちできません。

自動車事故の解決には幅広く、かつ高度な専門知識と経験が必要となるのです。本やインターネットで知識を得ることはできても、その知識を使うことで期待できる最善の結果を手繰り寄せるには、やはり自動車事故を扱った経験の豊富な弁護士にお任せするのがベストでしょう。

福岡の菅藤法律事務所は20年以上、2000件以上の自動車事故案件を福岡で解決してきました。交通事故には自信があります。
1階には無料駐車場がありますので、北九州からお車でお越しいただくのも便利です。自動車事故に強い弁護士をお探しの方、気軽にご相談下さい。

自動車事故 弁護士 北九州市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001