交通事故に遭われた福岡市南区にお住いの皆様へ

 

  交通事故に遭われた福岡市南区にお住いの皆様へ

 

 南区は福岡市の南部に位置し、春日市や那珂川町に隣接しています。
 南区の真ん中を西鉄大牟田線が通っており、
特急や急行の停車駅もあることから、
福岡市の人口増加にともなって、南区の大部分は住宅地として継続的に発展しました。
 福岡市南区の中心部は西鉄大橋駅がある地区で、
この地域は商業地となっています。
 c4fe0b70

 |交通事故に遭われた福岡市南区にお住いの皆様へ

 交通事故というと高速道路や国道のような幹線道路で起こりやすいというイメージがあります。
 しかし、実際のところ、住宅街と幹線道路での
交通事故発生件数はほぼ同じ割合です。
 住宅街は、老若男女が生活に利用し、歩行や
自転車で移動していることから、交通事故が起きやすい危険エリアなのです。

  そして、住宅街で起きた交通事故のうち、一番多いのが出合い頭の事故で、全体の4割を占めています。
 普段通り慣れている道のため気の緩みが生じたり、
混んでいる場合の抜け道として利用したりする人が
多いことにより、幹線道路でのスピードのまま走行する車が見られるなど、
交通事故を惹き起こす要因が多数あります。

 また住宅街はその性格上、必ずしも幹線道路
ばかりでなく、視野を遮る建物や壁が密集して
いることから、信号がなかったり左右の見通しの
悪い交差点も多いです。

 さらに、歩車分離が徹底していず、
道幅が狭く歩行者と自動車とを区分けする
ガードレールがないことも珍しくないので、自動車も自転車も歩行者も十分に
注意しなければ交通事故が発生する可能性が高くなります。

 ある日突然交通事故に巻き込まれてしまうと、
その瞬間から被害者の日々の生活は一変します。
 怪我による痛みが付きまとう辛さ、病院へ定期的に
通院することで日々の生活リズムが変わってしまう
ことへの苛立ち、怪我の具合によっては仕事を
休まなければならないことによる生活への打撃、
逆に仕事を休めないことによる心身の疲労など、
被害者にとっては計り知れない負担を抱えることとなります。

 交通事故で、生命にかかわる怪我は免れたとしても心身への影響は避けられません。菅藤法律事務所は20年以上交通事故案件を解決してきました。
 福岡市南区にお住まいで交通事故に強い弁護士をお探しの方、菅藤弁護士へ相談されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

交通事故 福岡市南区
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001