車のキズで慰謝料も請求できる?

車のキズで慰謝料も請求できる?

Question大のお気に入りのスカGTをショッピングモールに停めていたら、車庫入れのミスでキズをつけられた。修理代は保険で払うと言っているが、スカGをキズモノにされた俺の心のショックは半端ない。慰謝料も払ってもらわないとマジ納得できないんだけど?

Answer

つい交通事故の被害者の気持になり、くだけた表現になってしまいました。
民法710条では、他人の身体・自由・名誉を害した場合も【財産権】を害した場合も等しく財産以外の損害を支払うべきと定めています。
ですから、この条文の文言からは、身体の怪我であろうと物の損壊であろうと等しく慰謝料の支払を命じることができそうです。

 

    しかし、物の損壊しか被害がなく怪我を伴わない場合には、通常は、被害者はその物の時価や修理代にみあう適正な損害額を補填されることによって、財産権の損害に伴い被った精神的損害も同時に回復されると評価すべきとして、特別の事情がない限り、被害者は慰謝料を請求できないとされています(東京地裁平成元年3月24日交民集22巻2号420頁)。

   今回の被害者の場合、たしかにレアなネオクラシックカーであるスカイラインGTにキズをつけられた精神的ショックが大きいことは理解できなくもないのですが、よほどの事情がない限りは、そのスカGの時価もしくは修理代のうち低い金額を賠償されたときは、そのほかに慰謝料を請求するのは難しいと思われます。

 

    なお、特別の事情の例として、前記東京地裁は
①目的物が被害者にとって特別の愛着をいだかせるようなものであることを一般人も社会通念に照らして共感できる場合
②不法行為が積極的な加害意思を伴うなど被害者に精神的打撃を与えるようなやり方でなされた場合
の2つをあげています。

実際にどのようなケースで特別の事情が認められたかについては、(その1)(その2)(その3)で説明します。

   交通事故(人身被害)に遭われてお困りのときは、お気軽に、豊富な解決実績を誇る、福岡の弁護士、菅藤浩三(かんとうこうぞう)にご相談ください。

お問い合わせリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001