解決事例(金額)を全く載せていないのはなぜですか?

解決事例(金額)を全く載せていないのはなぜですか?

Questionこのサイトには解決事例の金額が全く載っていませんが、どうしてでしょうか?

Answer

このサイトをご覧になられた方に利用しやすいように、費用対効果などを把握していただく判断材料として、交通事故の損害賠償で私が関与してどれだけ関与前に比べて獲得金額が増えたのか、具体的な金額を掲載することも検討してみました。

   しかし私の解決した事案には全て現実の被害者がいらっしゃいます。
無念にもご家族が亡くなられたり、今なお後遺障害に苦しんでいらっしゃる方に想いを馳せるとき、被害者ご自身やその関係者が私のサイトをご覧になられたときに万が一でも不快な思いを抱くようではいけない、そういう思いにたどりつき、あえて私はほかの弁護士とは一線を画し、具体的な解決金額の掲載を控えることにしたのです。

  また、ご依頼いただいた事案の中には、ご依頼者が通常想定される時間よりも更なる増額が見込まれるにもかかわらず特に早期解決を望まれる場合や、ご依頼者の認識よりも不利に作用される事実が多く訴訟を選択するとそれらをクローズアップされて更なる増額が見込めず示談交渉で決着することが最善の場合もあります。
  そのような場合は、そろえた資料を基に、ご依頼者に丹念に説明した上で、解決への道をご依頼者の意向を汲んで、時間をかけてプランニングしていきます。

 これらの肝心の事案ごとの特徴を捨象して、ネット上に数値をあげてしまうと、「誰でも簡単に賠償額が〇×円あがる!」とあたかもダイエットの広告のように、数字だけが独り歩きして、交通事故の被害者の方々に過度の期待による誤解を抱かれる回避できないおそれがあります。

   むしろ、豊富な経験数に裏打ちされた、被害者のかたがたそれぞれにとって、より正確な情報をご依頼などを通じて提供させていただくことが、私の指向する、人身事故被害者の真の救済につながるものと私は信じています。

  私のお受けできる交通事故の事件に対しては、長年の知識と経験を惜しまず注ぎ、ご依頼者にご満足いただけるよう、全力で最大限の努力を注ぎ込んでいきます。

   なお、全国でたくさんでている裁判例の中でも、私の獲得した裁判例が、価値ある解決だと評価されて交通事故を専門に取り扱う判例雑誌に掲載された場合には、被害者の素性と解決金額が特定されない形で、その概容を紹介させていただく扱いにしています。

   当事務所では、ご依頼を受ける前に、事件の処理方針を明確に説明し、ご相談時点で判明している情報を踏まえ、獲得金額を予測できる事案についてはその見込額までお伝えしています。その際、費用倒れのリスクにも関心があって当然ですので、特に弁護士費用特約がない場合には弁護士に支払う弁護士費用も明確に提示するようにしています。
 さすがに、治療初期などまだ流動要素が多い状況で獲得金額を予測するのは占いに近いので性質上困難ではあるのですが。
  ですので、安心して、交通事故(人身被害)に遭われてお困りのときは、お気軽に、豊富な解決実績を誇る、福岡の弁護士、菅藤浩三(かんとうこうぞう)にご相談ください。

お問い合わせリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001