交通事故の被害にあわれてお困りの宗像の皆様へ

福岡県には商業の中心地である福岡市と、
かつては工業都市として繁栄を誇っていた北九州市が、
二大都市として県内の産業を支えていると言えるでしょう。
そのどちらにも近くて住みやすい地域として、宗像があります。
その宗像には、9万5千を超える人たちが居を構えているわけですが、
働く世代の多くがそれぞれの都市まで通勤しています。

怪我の治療のことならお気軽にご相談ください。

もちろん、通勤の手段としては
JR鹿児島線がメインとなり、
市内の3ヶ所の駅の朝夕は、
通勤客・通学客で賑わいます。
そして、宗像に住む人たちにとって
主要な道路となっているのが、国道3号線であり、
市内を網羅するような県道です。

そういった道路では、どうしても死亡事故・あるいは重傷を負うような交通事故が
発生することもあり、宗像を管轄する警察署でも警鐘を鳴らし、
特に高齢者の交通事故・あるいは夕暮れ時に歩行者が被害者となるような交通事故を
警戒しているようです。

その宗像では、平成27年においては年間7件の死亡事故と、
その数字を見れば決して多いわけではありませんが、
多くは、怪我を負い治療を必要とするような交通事故が多いわけで、
中には長い期間に渡って、治療のために入院生活を送る方もいるでしょうし、
手術後にどんなにリハビリを行っても、
交通事故に遭う前の生活には戻れないという方もいるのでしょう。

そんな時、少しでも治療の助けになるように、
そして事故後の生活をカバーできるように、加害者と向き合う必要が出てきます。
もちろん、相手は加害者であり、加害者側の保険会社ということになりますが、
交通事故に遭い怪我を負ったご本人、あるいはそのご家族だけで、
満足いく慰謝料を得ることができるでしょうか。

交通事故の場合、保険会社との示談交渉を煩わしく思い、意思を通さずに示談を受け入れてしまう方も少なくないようですが、判断する前に一度弁護士にご相談ください。
おそらく、あの時弁護士に相談して本当によかったと思う日がやってくるはずです。
宗像での交通事故の示談交渉や慰謝料請求については、
菅藤法律事務所がお引き受けいたしますので、気軽にご連絡ください。