大野城での死亡事故のことならご相談ください。

 

  大野城での死亡事故のことならご相談ください。

福岡で事故の多い場所と言えば、市内のほかに、
南東に接する大野城での事故も決して少ないとは言えません。
大野城は、九州自動車道の大宰府ICからの車や都市高速2号大宰府線を降りた車などが入り込む場所であり、
死亡事故につながるようなことも多いようです。
また、大野城は国道3号線が通り、通勤などの利便性が良いこともあって、
大野城に事務所や倉庫・工場などを持つ企業が多いことも車の通行量が多い原因であり、
死亡事故が発生するような状況が生まれやすいのかもしれません。

死亡事故に注意

かつて、大野城の信号機のある県道と市道の交差点で
歩行者が被害者となる死亡事故が発生しました。
また、大野城の国道3号線の交差点で
乗用車とトラックの衝突事故が死亡事故となったこともあります。

さらに、大野城は九州であり冬の道路の凍結などは少ないと
思われがちですが、実際には、冬の気温はかなり低くなることがあり、
大野城でも朝の路面の凍結で10数台の車やバイクが巻き込まれ、
幸いにして死亡事故に至ることはなかったものの、
スリップして追突し死亡事故につながることもないとは言えません。

そして、死亡事故となれば、残されたご家族の生活などを考えて、
加害者の方には誠意をもって対応していただきたいものですが、
残念ながら死亡事故の被害者家族が納得できるまでには至らないこともあります。
死亡事故を起こした責任がどれだけ重いかがわかっていたとしても、
賠償金や慰謝料となれば、死亡事故の交渉を行うのは保険会社であり、
保険会社を相手に被害者家族が太刀打ちできるとは思えません。

そこで、死亡事故などが発生した後の問題を解決するために弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。
死亡事故の場合、当事者の一方である被害者の方が亡くなっているために、
場合によっては加害者側の言い分や加害者側の保険会社の死亡事故説明に押し切られて、
後悔するような事態にならないとも限りません。
死亡事故の場合は、特に事故の対応件数の多い法律事務所を見つけられるかどうかで、
慰謝料の金額も大きく変わると言われていますので、
死亡事故に関する相談は、菅藤法律事務所にお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001