交通事故被害者となり、お悩みならすぐ弁護士へ

 

交通事故被害者となり、お悩みならすぐ弁護士へ

 車を運転している時に後続車から追突され負傷したり、道路横断中に車やバイクに衝突されたりと、ある日突然、交通事故被害者にされることがあります。交通事故により様々な損害を受けた交通事故被害者が、加害者の加入する相手損保から法律上適正な賠償を受けたいと考えられるのは当然のことです。交通事故被害者となり、お悩みならすぐ弁護士へ相談されることをお勧めします。
 たとえば、交通事故被害者が、怪我の治療費や修理費は当然被害者の主張通りに支払ってもらえるだろうと考えて通院を続け車の修理を依頼していたところ、相手損保から『事故態様や怪我の内容からも3か月以上の通院が必要とは思えません。そのため、治療費の支払は事故から3か月間で打ち切ります。』という連絡を受けたり、相手損保から提示された過失割合がとうてい納得できるものではなかったり、果たしてこれが交通事故被害者に対する真に適正な補償なのだろうかと、相手損保の対応を疑問に思う交通事故被害者も多いのではないでしょうか。
 
 交通事故被害者の多くは、弁護士を就けずに自ら単独で相手損保と損害に関する交渉を進められています。しかし、交渉相手となる相手損保は、普段から多数の交通事故案件を取り扱い、交通事故に関する専門的な知識も豊富です。そのような相手損保を交渉相手として交通事故被害者の方が個人で交渉を行うことは容易なことではなく、疑問や不安を抱えたまま交渉を続けてしまうと、交通事故被害者が受けた損害に対して相手損保から法律上適正な賠償を受けられなくなってしまう可能性があります。
 そして交通事故に関する交渉を弁護士に任せる場面でも、その経験や専門的な知識の差が交渉結果にダイレクトに反映されると言われている分野ですので、交通事故に関する相手損保とのやり取りでお悩みの方は交通事故に強い弁護士へお任せすることをお勧めします。
 交通事故交渉に強い弁護士に相手損保との交渉を委任したならば、弁護士がこれまでの実務経験や法律的な知識を用いて相手損保との交渉を行いますので、交通事故被害者がご自身で交渉される場合に比べて相手損保から受けとることができる賠償金額を増額できることが多いです。
 さらに、相手損保とのやり取りの煩わしさから、言われるがまま示談を承諾してもいいかなと考えてしまう交通事故被害者もときにいらっしゃいますが、怪我の治療費1つとっても、痛みが治まるまで数か月以上通院が続くこともあり、その期間の治療費はゆうに日常生活の中で負担する医療費に比べ高額にのぼる場合もあります。その他にも怪我のため仕事を休まなければならなかった場合の休業損害、交通事故にあったことの慰謝料、交通事故で後遺症が残った場合の逸失利益など、交通事故被害者となった当初は想像もしていなかったところまで影響が及び、様々な損害項目に拡大していきます。
 自動車 慰謝料
 交通事故被害者には相手損保から法律上適正な賠償額を受け取る権利があります。しかし、もし相手損保から提示された金額が不当に低い場合でも、一度それで示談を承諾してしまうと、たとえその後に弁護士を就けても、その交通事故により受けた損害に関して相手損保に追加請求を行うことはできなくなります。
 ですので、交通事故交渉でお悩みの交通事故被害者は、手遅れにならぬうちに、お早目に交通事故交渉に強い弁護士へ依頼されることをお勧めします。弁護士費用特約に加入されていなくても、人身を伴う交通事故の無料相談も実施しております。
 福岡の菅藤法律事務所では、20年以上様々な交通事故案件の相談や交渉の依頼を受け、解決してまいりました。解決件数は2000件以上にのぼりますので、これまでの経験に基づいたぬかりのない交渉を行うことが可能です。
 福岡で交通事故交渉に強い弁護士をお探しの方は、菅藤法律事務所へお気軽にご相談下さい。お車でお越しになる際は当事務所1階に無料駐車場がございます。また、福岡市地下鉄大濠公園駅(福岡市美術館口)が最寄り駅ですので、公共交通機関を利用してのアクセスも良好です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001