交通事故で弁護士費用特約を利用するメリット

 

交通事故で弁護士費用特約を利用するメリット

 交通事故に遭ったとき、弁護士に示談交渉や後遺障害認定の手続きを依頼するとさまざまなメリットを受けられますが、「弁護士費用が高額になるのがネック」と思う方も多いです。
 そのようなとき、弁護士費用特約を利用すると、負担を軽くしたり、けがの程度によってゼロ負担にすることができます。今回は、交通事故で弁護士費用特約を利用するメリットをご紹介します。

1.交通事故の弁護士費用特約とは
 交通事故の弁護士費用特約とは、自動車保険会社が弁護士にかかる費用を負担してくれるという保険の特約です。
 交通事故に巻き込まれたときに必要な費用を自動車保険会社が負担するので、被害者が自分で支払う必要がなくなります。
 具体的には、法律相談料なら10万円まで、示談交渉や訴訟などの手続きについては300万円までを損害保険会社が負担します。被害者はそれを超える部分が発生したときに、その分を支払えば足ります。

2.交通事故で弁護士費用特約を利用するメリット
 交通事故で弁護士特約を利用すると、以下のようなメリットがあります。
2-1.小さな交通事故でも依頼しやすい
 小さな交通事故の場合、弁護士に依頼しにくいという方が多いです。このような場合に依頼すると、得られる利益よりも費用の方が高額になってしまう可能性があるからです。
 また、あまり小さい事故で弁護士に依頼するのが申し訳ないとか気が引ける、ということもあるでしょう。
 しかし弁護士特約を利用すれば、弁護士費用は全額保険から支払えるので、本人に負担が発生しません。小さな交通事故でも気軽に依頼できるでしょう。
 もっとも物損のみでは受任困難など、依頼を受ける際に弁護士が条件を付している場合も珍しくありませんので、受任してもらえるか確認したほうがよいでしょう。

2-2.相手方が無保険の交通事故でも依頼しやすい
 交通事故で相手方が無保険の場合、弁護士への依頼を躊躇される方が多いです。相手に資力が無いと、賠償金を受け取れないリスクがあるからです。相手から賠償金の支払を受けられなかったら、弁護士費用が被害者の持ち出しになってしまいます。
 このようなときにも特約を利用すれば費用はすべて保険会社が支払うので、被害者には損はありません。
 入ってきた金額をすべて受け取ることができますし、弁護士にもきちんと支払いが行われるので遠慮する必要はありません。
 もっとも相手方が無保険の場合、無保険車傷害保険が利用できることなど依頼を受ける際に弁護士が条件を付している場合も珍しくありませんので、受任してもらえるかどうか確認したほうがよいでしょう。

2-3.交通事故の賠償金を全額受け取れる
 弁護士費用特約を利用すると、交通事故で入ってきた賠償金を被害者が全額受け取れることが大きなメリットです。通常なら入ってきた賠償金から弁護士費用を差し引かれますが、特約が適用される場合には保険会社から支払いが行われるからです。

 交通事故に遭われたとき、弁護士費用特約が適用されるなら、是非とも利用しましょう。福岡や九州の交通事故被害者の方で、示談交渉などの対応にお困りでしたら福岡の菅藤弁護士まで、お気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001