交通事故 in 福岡市西区

交通事故の発生は減少していると言われていますが、本当に交通事故は少なくなっているのかと疑いたくなるほど、交通事故のニュースは毎日のように耳にします。そして、実際に交通事故被害者となってしまい、その後の加害者側の保険会社との交渉が難航して、困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たとえば、福岡市西区でも車の接触事故や交差点での衝突事故などが発生することも多く、大きな怪我を負うような交通事故になるケースも少なくないようです。

おそらく、接触事故や衝突事故の多くは、安全確認が不十分だったことが要因となっているのでしょうが、中にはスピードの出し過ぎや一時停止を怠ったために発生する交通事故もあるでしょうし、さらに酒気帯び運転による交通事故のような悪質なケースも多いようです。

福岡市西区でも、酒気帯び運転容疑での逮捕者が後を絶たず、交通事故につながらないように、福岡市西区の各地で警察による取り締まりが行われています。

では、もし交通事故に巻き込まれてしまった場合、どのような対応を取るべきか冷静に判断ができるでしょうか。一瞬、自分に落ち度があるのではないかと慌てることもあるでしょうし、交通事故の瞬間に相手がどのような走行をしていたのか、記憶をたどろうとするかもしれません。

もちろん、怒りがこみ上げてくることもあるでしょうが、怒ることもできないような怪我を負い病院に運ばれることもないとは言えません。ただ、どんな状況であっても、交通事故に詳しい弁護士に相談することが、交通事故後の交渉に失敗しないための最善の対応だと思います。

中には、物損事故で済ませてしまったために、後から交通事故の後遺症が出て不安になったり、後遺症が残っても軽く判断されてしまうこともあるかもしれません。

そういった状況でも、弁護士に相談するか否かによって状況が大きく変わることがありますので、福岡市西区で交通事故後の交渉でお困りであれば、菅藤法律事務所にご連絡ください。