福岡市での自動車事故

福岡市では、1年間にどのくらいの交通事故が起こっているのかご存知でしょうか。実は、福岡市内で発生する交通事故は年間1万件以上であり、その多くは自動車事故と言うことになるでしょう。もちろん、自動車事故以外にも自転車と歩行者や、バイクと歩行者といった交通事故などもあるわけですが、やはり車と車の自動車事故や車と歩行者といった車が関わる自動車事故が、群を抜いているのではないでしょうか。そして、自動車事故ともなれば、多くの場合怪我を負い、重傷もしくは自動車事故によって命を落とすこともあるわけです。

篠栗 事故

そんな福岡市は人口150万人を超える都市であり、九州各地から大学進学や就職で若い世代が流入していることもあり、若者世代の比率の高い都市となっています。そして、最近は若者の車離れという風潮もあるようで、特に公共交通が行き渡っていることもあり、車を持たない20代も多いと言われています。

ただし、福岡市も一歩郊外に向かえば、車無しでは生活できない地域もあり、一家に車が2~3台という家庭も多く、軽自動車が気軽に行きかいするような状況が生まれています。

この気軽に走行できる軽自動車が、実は無謀な運転をしたり、一旦停止を怠ったり、前方不注意で自動車事故を起こすことがあり、その被害者となることもあるのではないでしょうか。そして、そういった地域で発生する自動車事故の特徴として、自動車事故の加害者と被害者の方が近くに住んでいるというケースがあります。

そんな時、自動車事故後の損害賠償などの交渉を、ご自身で行うのは余計な心労が絶えないものであり、できれば弁護士を間に入れて処理を任せる方がスムーズにいくことも多いようです。

弁護士への相談となれば、その費用なども気になるとは思いますが、ご自身の自動車保険などに弁護士費用特約が付いていることも多いと思いますので、ぜひ活用していただければと思います。そして、福岡市で自動車事故に遭われて弁護士をお探しであれば、中央区にある菅藤法律事務所にご相談ください。