福岡市で発生した人身事故

交通事故には、車両の損傷だけの物損事故と、怪我を負う人身事故があるわけですが、事故直後は物損事故で処理されていたものの、数日経って身体に痛みなどが起こり、人身事故に該当するケースもあります。もちろん、交通事故に遭いすぐに救急車で搬送されるような場合は、迷うことなく人身事故扱いとなりますが、気持ちが動転していることもあり怪我に気付かずに、被害者さえ人身事故とは思わないこともあるようです。

福岡市でも交差点での追突事故などが発生することが多く、福岡市内を走っていると、事故現場に双方の車2台が止められて、現場検証を起こなっている風景を見かけることがありますが、その時点では怪我を負ったことに気付いていない可能性もあるのではないでしょうか。

柳川 死亡事故

特に、追突事故で起こりやすいむち打ちは、痛みや異常がすぐに出ないこともあり、物損事故として扱われることもあるでしょう。さらに、加害者にしてみれば人身事故となれば刑事罰が発生することもあり、もちろん免許証の点数の対象となり、損害賠償額も大きくなるため、できれば人身事故にしたくないという思いもあるでしょう。

逆に言えば被害者にとっては、人身事故であるか物損事故で処理されてしまうかは、その後の治療にも大きく関わってくるわけで、人身事故で処理されていなかったために、治療費を自分で負担しなければならないこともあるかもしれません。
ただ、諦めてしまうことはありません。

もし福岡市で交通事故に遭い、物損事故の処理後に治療を受けることになった場合は、福岡市中央区にある菅藤法律事務所にご相談ください。

実は、物損事故から人身事故に変更する場合、手続きが面倒であると同時に、保険会社の了解を得られないケースもあり、裁判に持ち込むことになれば弁護士が必要になるわけで、早い段階で人身事故への切り替えのご相談を受けることで、スムーズな対応が取れるはずです。

菅藤法律事務所では、これまでさまざまな経緯の人身事故を取り扱ってきましたので、福岡市での交通事故については安心してお任せください。