福岡市南区での死亡事故

たびたび、交通事故が相次いで発生といったニュースが流れることがあります。年末のあわただしい時期や、ゴールデンウィークのような行楽シーズンなど、人の多さが影響したり心身の疲れが交通事故につながることもあるでしょう。

ただし、交通事故の被害者の立場からすれば、どんな事情であっても重大な被害を被ったことに変わりはありません。特に、その交通事故が死亡事故であれば、取り返しのつかないことであり、死亡事故の被害者本人はもちろんですが、残されたご家族にとっても、突然の死亡事故で途方に暮れてしまうことも多いはずです。

福岡市でも交通事故は決して少ないとは言えず、死亡事故だけでなく軽傷で済んだ事故も含めれば、かなりの発生件数になっているでしょう。たとえば、福岡市南区は福岡県南警察署の管轄になりますが、平成30年上半期の死亡事故はゼロ件ですが、負傷者数は900人以上となっているようです。

おそらく家族が交通事故に遭ったと知らせが入り、死亡事故ではなかったとわかれば取り合えずホッとすることもあるでしょうが、たとえ死亡事故でなかったとしても、怪我の状態によっては長い入院生活が強いられたり、後遺障害が残ったりすることもあり、福岡市南区の負傷者の中にもそういった状況に置かれた方がいるかもしれません。

もちろん死亡事故の場合の損害賠償問題も容易に片付かずに長引くことがありますが、死亡事故と同じように後遺症が残るほどの怪我を負ってしまった場合も、損害賠償問題が片付かずに気持ちの上でも経済的にも負担となることがあるようです。そんな時に、心強い味方になれるのが弁護士であり、特に交通事故によって死亡事故や高次機能障害などの深刻な被害を負った場合は、弁護士の存在が重要になってきます。

そして、その弁護士を探すのであれば、これまで20年以上にわたり交通事故問題を解決してきた菅藤法律事務所にお任せいただければと思います。福岡市南区で死亡事故などに遭われた時は、まずは菅藤法律事務所にご相談ください。