福岡市早良区にお住いのバイク事故に遭われた被害者の皆様へ

治療のことならご相談ください。 
 福岡市早良区の人口は20万人を超えており、ここ5年の推移をみても、福岡市東区ほどではないですが居住人口が増えています。
 人口統計によれば、福岡市はここ数年で人口が増えている、日本全国でも活発な地区の1つです。

 福岡市早良区は国道202号線も通っており交通渋滞も多く、また福岡高速道路もあるため、交通事故が多い地域です。
福岡市早良区での交通事故の発生件数も1000件を超えています。

|福岡市早良区にお住いのバイク事故に遭われた被害者の皆様へ

 その中でも多いのがバイク事故です。いくら気を付けてバイクを運転していても、クルマの左折に巻き込まれたり、直進中に右折するクルマに進路を妨げられたりと、交通事故の起きやすいことには、自動車と変わりありません。

 むしろ、バイク事故の場合、自動車と違って身体が外部に露出しているため、取り返しのつかないひどい怪我をこうむってしまったり、死亡事故に発展する危険性はより高いものになってしまうのです。

  バイクは自動車に比べて、前傾体勢やヘルメットなどで前方に対する視界が狭められてしまうため、左右前後確認に対しては慎重な姿勢が望まれます。
   さらに、バイクが前後安全確認を十分していても、自動車がバイクを認識していなかったり、バイクを認識した上で煽るといった原因がバイク事故では散見されます。

  例えば、自動車が普通に左方確認を行っていても、路肩を走っていたバイクが自動車の死角に潜り込んで自動車の運転手から視認できなくなってしまい左折の内輪差で巻き込まれるというバイク事故は後を絶ちません。

  バイク事故はバイクの運転手が不注意だったり危険運転をしていたりということでなく、相手となった自動車側の不注意や危険運転でも発生しがちなのです。
バイク事故に万が一巻き込まれた場合できる限り早く弁護士に相談しましょう。

 弁護士に相談することで、適正な補償を受け取るための準備を迅速に整えることができます。

 相談のタイミングを失してしまうと、重要な情報を逃してしまい、取り戻しのつかない後悔する状況をつくってしまう可能性があります。一人で悩んで考え込まず、交通事故につよい福岡の菅藤浩三弁護士に、まず、相談ください。

 

福岡市早良区 バイク事故