アンケート~福岡市城南区70代男性(死亡)の交通事故

アンケート~福岡市城南区70代男性(死亡)の交通事故

 今回突然の交通事故での父親の死亡という、私たちにとってはまさに青天の霹靂という事態でありました。加害者側の被告と保険会社にはうそを言われたり腹立たしいことばかりでしたが、菅藤弁護士とともに2年間の刑事及び民事裁判を戦い抜き、死亡した父親にも恥じぬ結果がでたと考えております。本当にありがとうございました。

 お父さまが交通事故に遭われ寝たきり入院を開始してから1か月めに、日々の生活を過ごしながらの相手損保とのやりとりに疲れてしまったという理由で、インターネットで交通事故に強い弁護士を探された中ご依頼いただきました。
 お父さまはバ
イクで優先道路を信号機のない交差点に向かい直進していたときに、一時停止規制のある見通しの良い交差道路から一時停止せずにバイク側を視ることもなく加速して交差点内に進入した加害者運転車両に強く衝突され、中心性脊髄損傷になられたのです。
 治療の甲斐なく交通事故から4か月後に、寝たきり入院による抵抗力の著しい低下のため亡くなられました。お父さまに生前お会いしていたので弁護士菅藤も福岡市で催されたお葬式にご遺族の了解の上で参列させていただき、故人のご冥福を丁重にお祈りさせていただきました。
 加害者は自動車運転過失致死罪で起訴されたのですが、119番通報も現場での加害者が行うべき行為も全くせずはなはだ不誠実であるほか、量刑を軽くするためか持参してもいない香典を持参したとか衝突前にブレーキを踏んだとか創作話を展開する有様でした。
 弁護士菅藤がご遺族の希望で刑事裁判に被害者参加していたことから直ちに虚偽が露呈したのですが、もし被害者参加していなければ加害者の創作話が事実であるかのように記録されたかもしれないと振り返ると、早い時期にご依頼いただいたのは不幸中の幸いでした
 交通事故から刑事事件が終了するまでに9か月を要したのですが、それからご遺族の賠償請求額を裏づける証拠を丹念に拾い上げ、相手損保に提案したものの、相手損保からは過失割合を始めに、およそ満足いく回答がもらえなかったので、お父さまの一周忌を契機に民事裁判を提起しました。
 相手損保は、お父さまにも30%過失があると加害者の責任をことさら軽減しようとしてきたほか、さらに、刑事事件では交通事故と死亡結果との因果関係を争わなかったにもかかわらず民事事件では言を翻し因果関係を争ってくるというエゴイスティックな態度をとってきました。
 さらに、同居の奥さまが下半身不自由な身障者だったため、お父さまの主夫損害も逸失利益として主張したのですが、相手損保は主夫損害の賠償自体を争い、さらに寝たきり入院が継続していたのだからと遺族の丹念な付添看護に対する補償義務はないとか、あまつさえ、顧問医の意見書を取り寄せて死亡の結果に対する素因減額の必要がある、遺族年金の損益相殺の適用範囲まで、何が何でも徹底的に賠償額を削ろうと争ってきました。
 そのため、被害者死亡事件としては異例ながら生活実態に関する遺族尋問を実施することとなり、不本意ながら通常よりも期間を要する形となり、結果的には遺族尋問を終えてちょうど2年経過した時点で、裁判所の斡旋によりご遺族のご納得いただける内容で解決にいたりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001