アンケート~佐賀市60代男性の交通事故

   今回はいろいろお世話になり、有難うございました。
アンケートという事ですが、進め方等々につきましては、概ね満足致しております。

03

   丁字路交差点でのクルマ同士の出会い頭衝突の交通事故でした。左ウィンカーを出しながら左折せず直進してきた合図間違いの相手方の落ち度をどの程度重く評価すべきかが争点でした。
私は合図違いの走行は他のドライバーの予測を大きく狂わせる危険な行動であり、これを軽く評価しては交通法秩序を甚だしく歪めることになりかねないと強く主張しました。
果たしてお互い譲らぬまま出された1審判決では私の言い分をかなり組み入れてくれましたが、相手は1審判決に不満アリと控訴してきました。
控訴審では1審判決を踏まえた裁判官からの和解解決の説得もあり、依頼者の了解を得て和解決着しました。
典型的事故類型に該当しない交通事故事案では、交通法規を駆使し、冷静で説得力のある理屈を積み重ねていくことが必要です。その作業をきちんと遂行するには、様々な交通事故をどのくらいの分量、取り扱ってきたかの経験がとても大事なのです。
福岡県のみならず佐賀県の交通事故(人身被害)も遠慮なく、交通事故に強い弁護士 菅藤浩三(かんとうこうぞう)に、ご相談ご依頼ください。