最初はケガ無しと思ったのに、数日後に痛み出したら?

Question

交通事故で追突されました。事故当日は痛みが全くなかったので物件事故だけで警察に届け出ていたのですが、数日経って病院に行かないといけないほど痛みがひどくなりました。病院代の負担を無くすにはどうしたらいいですか?

Answer

治療費などを自賠責保険で負担してもらうには人身事故として警察で受理されている必要があります。


しかし、事故発生から数日内であれば警察署で物件事故から人身事故に切り替えてくれる場合があります。 この場合、診断書の提出を警察から求められますので、まず病院で警察提出用の診断書を発行してもらい、それを持参することになります。

    もし警察が交通事故から日が経ちすぎていると言って人身事故に切り替える手続をしてくれなかったときは・・・?

人身事故証明書入手不能理由書を添付して、物件事故の交通事故証明書と一緒に自賠責保険に届け出る方法があります。
ただし、この理由書はあくまで自賠責保険へのお願い書という位置づけにとどまり、この理由書を出したからと言って必ずしも自賠責保険を使うことができるわけではないようですので、非常手段と考えて下さい。

    この理由書には、例えば「軽微な事故だったので、痛みも感じず物損のみで処理していた。事故からかなり経過していたので警察が人身事故への切り替えをしてくれなかった。また、事故の相手も人身事故に切り替えることの協力を拒絶した。ほかに人身事故扱いにしてもらう方法はない。」と書くとよいでしょう。

    なお、この人身事故証明書入手不能理由書は、例えば、私有地や企業の敷地内で発生した事故の場合には道路上での事故でないとして、警察が交通事故証明書自体を発行してくれない場合にも、自賠責保険を使用するために利用されることがあります。

お問い合わせリンク