交通事故の後遺症でお悩みの福岡の皆様へ

 

頻繁に流れる交通事故のニュースも、他人事のように聞き流していることが多いかもしれません。ただ、各地で毎日のように交通事故が発生して、救急車のサイレンの音が聞こえてくれば、他人事では済まないこともあります。そして、後遺症が残るような交通事故もかなり多いのではないでしょうか。 後遺症

たとえば、薄暗くなった時間帯から夜にかけて増える事案が、歩行者が被害者となる交通事故です。70代・80代といった高齢の方が、横断歩道で車にはねられるような交通事故が多発しています。お年寄りの場合は特に後遺症が残る事も多いようです。また、車対車の交通事故が起こった際に、近くを歩いていた歩行者が犠牲になる事故もありました。事故の被害者は、両足を骨折するような重傷を負ったようですが、後遺症が残ってしまった可能性もあるでしょう。

後遺症

車を運転して、万が一、事故を起こしてしまった場合は、怪我人の救助など滞りなく行っていただきたいものです。そして、その後の被害者への賠償問題についても、真摯に向き合っていただきたいと思うのですが、これがなかなか誠意のある対応とは言えないケースも多いものです。その一つが、後遺症への対応です。後遺症が残るような怪我の場合、後遺症の等級認定によって加害者側の保険会社から賠償金の金額提示を受けることになるでしょう。たとえば、後遺障害の等級は軽いもので14級から重いもので後遺障害1級までありますが、同じ1級でも介護を必要とする後遺症であれば、損害賠償額も当然違ってくるはずです。また、介護が必要な後遺症は、常に介護費用が必要になり、さらに後遺症が残れば就業も厳しくなってきます。これまでも、後遺症への対応が十分ではなく、生活苦に陥った例もあります。

そこで、交通事故によって被害者となり、後遺症が残るような怪我を負った場合は、直ぐにご連絡ください。福岡市中央区に事務所を構える菅藤法律事務所は、これまで数々の交通事案を解決してきた弁護士ですので、安心してお任せください。