大川での交通事故被害も弁護士にご相談ください

 

大川での交通事故被害も弁護士にご相談ください

 福岡の南西部に位置する大川は、やはり何といっても家具が有名な地域です。市内をドライブしているとそこかしこに家具関連の店舗が見受けられ、インテリアにこだわりたい方などは車で市内を回られることもあるかと思います。最近は猫用家具も人気で、展示会の時期にはニュースで取り上げられる程です。
 そんな大川市を管轄する筑後警察署では、大川市の交通事故発生マップを公開しておりますが、大川市で発生する交通事故のうち、人身事故の原因の約半数が、脇見や左右の安全不確認によるものとされています。冬の間は他の季節に比べて暗く視界が悪いので、交通事故に遭う確率はどうしても高くなりやすいです。
 交通事故の被害に遭ってしまった場合には、早い段階で、交通事故に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。交通事故による怪我の治療を行っている状況では、相手損保とのやりとり自体を負担と感じられる方も多く、中々個人で適切な賠償額を受けとるための交渉を行うことは難しいです。
 後々相手損保から「事故の状況や治療状況を見る限り、怪我の程度は軽く、こんなに治療する必要はなかった」と治療費の賠償を許否されるケースもありますので、交通事故直後からどのような方針で治療を行い、損害賠償請求をどのように行うかしっかりと考えていく必要があります。弁護士に委任することで、相手損保と交渉する負担をなくし、適切な損害賠償額を受けとることが出来ます。
 大川市内には交通事故を専門にする弁護士にたどりつきにくい状況にあるため、福岡市内の菅藤法律事務所は大川市で交通事故に遭われた方からも多く相談を承っております。菅藤法律事務所にもご相談ご依頼いただく交通事故被害者が少なからずおられます。福岡市の中心部の大濠公園そばにありますので、地下鉄空港線の大濠公園駅も近く、高速道路の降り口も近くにありますのでクルマを使ってお越しいただいております。法律事務所1階には無料駐車場を完備しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001