自動車事故による後遺症は弁護士にご相談ください

 

自動車事故による後遺症は弁護士にご相談ください

 大きな車体変形のない自動車事故に遭い、その日は大した痛みを感じなくても、数日後に体の痛みが現れることがあります。事故直後は興奮のため痛みに対する感度が鈍くなって、そのような事態があるそうです。
 痛みを感じたら病院で治療をされる方がほとんどと思いますが、自動車事故で怪我を負った安倍、急性期を経過してもなお機能障害や傷痕が残り後遺症となる場合もあります。自動車事故の被害に遭い、一定期間病院で治療を行ってもなお症状の改善が見られないときは、症状固定と判断され、後遺障害診断書が発行されます。
 問題は、後遺障害診断書を発行してもらっても、イコール後遺症として補償の対象になるわけではないということです。自動車事故により発生した後遺症を、補償対象に組み込んでもらうためには、自賠責で後遺症認定を受けなければなりません。
 この自動車事故による後遺症の認定にあたっては、ある種のノウハウを必要とします。そのノウハウを知っているか否かで、後遺症を自賠責で認定してもらえるか否かの分かれ道に入ることになります。自動車事故による後遺症は、自動車事故でもらう損害賠償額に大きく影響することもあるため、少なくとも後遺障害診断書をつくる前に弁護士に相談されることをお勧め致します。
 弁護士への相談は高い料金が発生するのではないかと不安に思われる方もいらっしゃいますが、ご自身やご家族の自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合、弁護士への相談が実質無料となる場合もあります。
自動車事故による後遺症でお悩みの方は一度ご自身、ご家族の自動車保険に弁護士費用特約が付いているか確認されてみてはいかがでしょうか。
 菅藤弁護士はこれまでに自動車事故による被害に遭われ、後遺症と診断された方の相談を多数受けてきました。自動車事故の被害に遭われ、後遺症の申請などでお悩みの方は、福岡の菅藤法律事務所にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001