ご依頼者の声です~大分県中津市20代女性の交通事故

ご依頼者の声です~大分県中津市20代女性の交通事故

色々とお世話になりました。初めての交通事故で1人で保険屋相手に話し合っていましたが、後遺症で体調悪く、ストレスで被害者なのにこんなに大変だとは思いませんでした。が、先生に依頼してからは気が楽になり、後遺症と向き合うことができました。
数件弁護士に相談はしましたが、決め手になる雰囲気もなくさまよっていました。でも先生に相談した際には、話しやすく親身に話を聞いてくれ、難しいこと・難しくないことなどハッキリ言っていただいたので、先生に依頼することを決めました。
20代半ばで専門用語など全く分からない自分にでも理解できる様に、分かりやすく教えていただきました。連絡のやりとりもメールだったので、後遺症があった自分でも負担が無くスムーズにいきました。
福岡県外だったため交通費なども心配でしたけど、弁護士費用があまりかからないように考えていただき、とても助かりました。
弁護士とは日頃の生活の中でなかなか関わることはないし、不安だったけど、今は依頼してよかったって素直に思いました。色々とありがとうございました。
済140804大分県中津市20代女SS笹原

インターネットで弁護士を探されてご依頼いただきました。
複数の弁護士の中からご指名いただいて大変光栄です。
既に後遺障害等級認定がおりており相手損保からも金額提示があったものの、自分の後遺症に照らして金額が全く見合っていないと感じるので、しかるべき賠償額を獲得してほしいというご意向でした。

記録を検討したものの、後遺障害の等級認定を覆すだけの証拠は得難いと判断されたので、それを率直にお伝えし、認定済みの等級認定をベースとすることをご了解いただき、相手損保との交渉を開始しました。

ご依頼者の場合、過失割合のほか、アルバイトをしながら正規仕事への就業準備中だったため、休業損害や逸失利益の基礎収入をどこに置くかが争点となりましたが、相手損保は就業準備の状況を全く省みない回答に固執しました。

とうてい納得のいく回答ではなかったので、ご依頼者の意向で訴訟での解決を図りました。あいにく、ご依頼者にはそれまでの正規仕事の就業実績を裏づける資料が存在しなかったので、裁判官の説得にもかなり苦労したのですが、どうにかご納得いただける水準の金額の提示にこぎつけ、ご依頼者にご満足いただける内容で無事解決することができました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001