年末年始の人身事故被害は法律事務所にすぐ相談を

 年末年始といえば何かと慌ただしく、運転時の注意力が散漫になりがちな時期です。交通事故総合分析センターがまとめた統計年報によると、交通事故発生件数は年間を通して、年末年始が最多となっています。なかでも人の身体や生命に影響を与える人身事故は誰もが避けたいものです。

 この時期に人身事故が多発する要因としては帰省ラッシュによる交通量の増加や、慣例の山間部だと降雪・路面凍結によるスリップ事故の増加などが挙げられます。
 また、慌ただしさから、つい運転が荒くなってしまったり、普段は運転をしない人がハンドルを握る機会が増えたりすることも人身事故のリスクが高まる原因として考えられます。

 加害者にならぬようにどんなに自分では注意していても、周辺のクルマの運転ミスから人身事故被害に巻き込まれることもあります。突然、人身事故の被害に遭ったら、怪我はきちんと治るのか、これからどう対応すべきなのか、慰謝料はいくらが妥当なのかなど、不安になる方も多いことでしょう。事故の被害に遭ってしまった方は、まず身体を治すことが一番大切になります。そのため主治医の適切な治療を受ける必要があります。
 しかし、相手損保とのやり取りや示談交渉など、人身事故直後から様々な対応に追われることになります。人身事故により相手損保との交渉に疲れ果ててしまう方も中にはいらっしゃいます。このような精神的な負担を感じている方は迷わず法律事務所に相談しましょう。

 人身事故を法律事務所に依頼するメリットは、保険会社との交渉から解放され、精神的な負担を軽減できることにあると言っても過言ではないかもしれません。
 特にご自身の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されている場合では費用負担を完全に回避できる可能性が高く、早い段階で弁護士に相談することをお勧めします。
 さらに、人身事故の場合、弁護士に依頼することにより慰謝料などの増額が期待できます。

 人身事故に強い法律事務所に相談に行くことによって、被害者の方は安心して治療に専念できます。人身事故を得意とする弁護士を福岡でお探しの方、お気軽に菅藤法律事務所にご相談ください。