交通事故の治療費負担を打ち切られたら弁護士に

 菅藤法律事務所では、長年にわたり、弁護士1人で交通事故の案件を数多く解決してきました。交通事故被害相談の中で、損害保険会社からの治療費の打ち切りを宣言されてしまったがどうしたらよいかと聞かれることは少なくありません。

 怪我を伴う交通事故の被害に遭ってしまった場合、病院の治療費は被害者本人が窓口で来院の都度支払うのではなく、加害者の付保する損害保険会社が一括対応という形で負担するケースがほとんどです。

 ただ必ずしも損害保険会社は被害者がもう来院しなくてよいと満足できる期間めいっぱい治療費を支払い続けてくれるとは限りません。損害保険会社の判断で治療費の一括対応を中止することもあります。

 損害保険会社が治療費の負担を打ち切ると、交通事故の被害者は以後来院のたびに、自分で病院の治療費を支払わなくてはならないのです。

 しかし、治療費の打ち切りにあっても、必ずしも直ちに治療をやめなければならないということではありません。仮に、損害保険会社から交通事故の治療費打ち切りを宣言されても、担当の医師からまだ治療は続けた方がよいと言われた場合は、たとえ自己負担になっても身体のためにも治療を継続してください。

 他方、痛みが続いているにもかかわらず、保険会社から治療費打ち切りを伝えられ、担当医師に相談したところ、医師にも「このまま治療を続けても良くなる見込みがない」と言われた時には、症状固定に達したと考え、交通事故による後遺障害等級認定を受ける方針に切り替えるべきでしょう。

 とはいえ、被害者本人が自分自身で医師の意見を損害保険会社に伝え、治療費の支払を継続して欲しいと交渉することや、不慣れなのに自ら後遺障害等級認定の手続を行うことを難しく感じられる方も多いことでしょう。

 交通事故の治療に関しては医学的な知識も必要になってくることが多く、個人で対抗するのはなかなか困難なため、そんなときは交通事故に強い弁護士に依頼することをオススメします。
 交通事故についての専門知識をバックに交渉し、後遺症獲得に豊富な経験を傾注していきます。交通事故の人身被害に遭いお悩みの方は、交通事故に強い福岡の菅藤浩三弁護士にぜひご相談ください。