交通事故の人身被害者は福岡市の菅藤弁護士にご相談を

 福岡市は2010年以降、政令指定都市の中で人口の増加率、増加数ともにもっとも大きく、現在の福岡市の人口は150万人を超え、日本5位となりました。
 世界有数の利便性が高い福岡空港は、アジアの玄関口、国内航空ネットワークの中核拠点としても重要な役割を果たし、教育・物価・治安の面で海外の人も住みやすい都市として、今後の海外展開に向けた前線基地として最適であると言えます。

 その一方で、人口が増えることにより、福岡市は全国的にみて交通事故発生件数が多い都市でもあります。
 一時期に比べ、福岡市の交通事故発生件数は減少傾向にあるものの、自動車関連事故の割合はここ数年で増えています。福岡県内でみると、交通事故が最も多く発生している場所は交差点及び交差点付近であり、その割合は50%強にも達しています。

 特に博多、天神を含む福岡市の市街地は交通量が非常に多く、朝の通院時間や夕方の帰宅時間においては交通渋滞が頻繁に発生します。交通渋滞が発生することにより、バスの遅延や無茶な運転による交通事故、裏道として住宅街や歩行者が多い細道を通ることによって歩行者との接触事故など、さまざまな被害をひきおこすことにもつながります。
 交通量が増えることによる交通事故の増加は否めません。
車渋滞

 交通事故はある日突然、平穏に暮らしている普通の人に襲ってくる災難です。
 交通事故に遭った日から日常生活が一変し、怪我を負ってしまうだけでなく、心労と多くの時間を要します。交通事故後に次々と現れる問題をクリアしていくのには知識だけでなく、その知識をどう使っていくのかが大きなカギとなります。
 交通事故の解決のために経験豊富な弁護士に依頼することで、期待できる最善の結果を手繰り寄せてくれるだけでなく、不安や面倒からも解放されます。

 福岡市内の菅藤法律事務所では20年以上、2000件以上の交通事故を解決してきました。被害者の方のお役に立てるよう、弁護士がベストな解決のお手伝いをさせていただきます。交通事故の人身被害者はぜひ早めに菅藤弁護士にお気軽にご相談ください。