交通事故や死亡事故でお悩みの大牟田の皆様へ

死亡県警のホームページを開くと、県内で発生した交通事例のニュースが目に入ってきますが、その中でも大牟田警察署の死亡事例のニュースが気になりました。それは、大牟田で起こった交通死亡事例などが紹介され、運転者側と歩行者側への注意を呼び掛ける目的で、交通事例の概要が紹介されているものです。そして、大牟田での死亡事例が取り上げられ、交通事故を減らさなければという意識が広まることが期待されます。

また、交通事例のニュースを目にすると、納得できる慰謝料が支払われたのかどうかも気になります。交通事故に遭い、さらに被害者が亡くなるという死亡事例であれば、死亡事故被害者、そして死亡事故被害者家族の行く末を考えると、死亡事例の状況を的確に判断して、適正な損害賠償・慰謝料の支払いが行われることこそ、必要と言えるかもしれません。これまで身近な方が死亡事故で亡くなるなどの交通事例には縁のなかった方であれば、どういった基準で死亡事例の損害賠償が行われるのかをご存じないかもしれません。

死亡

また、家族の死亡事例で損害賠償を受けた経験があるという方でも、その金額が当たり前の額だと納得して、加害者側の保険会社からの提示を受け入れたのではないでしょうか。その時に、保険会社との交渉に弁護士をご利用にならなかったでしょうか。多くの方が、警察が行った交通事故後の検証に納得して、保険会社との交渉を終えてしまうことが多いのですが、交通事例の検証も、死亡事故であれば、加害者と被害者の言い分が平等に通ったとは言えないかもしれません。もちろん、被害者の方は何も言えずに亡くなったわけで、もしかしたら交通死亡事故に詳しい弁護士の目があれば、見えなかった真実が見えてくることもあるのではないでしょうか。また、死亡事例に限らず、被害者が意思表示のできない遷延性意識障害や高次機能障害が残るような交通事故の場合も、同様に意思を伝えられない被害者に代わって、弁護士が交渉に当たらせていただきます。

大牟田での交通死亡事故となってしまった場合でも、福岡の菅藤法律事務所がお引き受けいたしますので、安心してお任せください。