福岡の弁護士 相談訴訟に強い 菅藤(かんとう)法律事務所

ロゴマークの由来

 

lo-001

logo


緑の葉

緑の葉は依頼者を温かく包んでまもり依頼者とともに逞しく生い茂っていきたいという想いを表しています。

黄色の盾

黄色の盾のデザインは、依頼者を傷つけようとするものを依頼者から遮る存在でありたい象徴と、盾のデザインはアルファベットのVサインと、依頼者の気持に寄り添うハートマークを模倣した、トリプルミーニングを表しています。

桃色の鍵

最後に、真ん中の桃色の鍵は、依頼者の「秘密」をシッカリ守る職業倫理と、それから、古来ヨーロッパでは鍵のモチーフが「次の扉を開く」という意味を持つことを踏まえ、どんな困難にも挫けずに依頼者の「希望」の道を切り拓いていく、という決意を表しています。

 
lo-002

たくさんの人身事故被害を取り扱う中で、よくこのようなご相談をいただきます。

このようなことでお悩みではありませんか?

00-007

人身事故被害はほんの前の日まで平穏無事に暮らしている普通の人に突然襲ってくる災難です。
交通事故に遭うことを予測して暮らしている人はまずいらっしゃいません。

そして、普通の人にとっては、人生の中で初めての体験であることがほとんどです。
そのとき「仕事ができなくなった。どのように補償してもらえるのか」「後遺症の等級認定を覆すには病院にどういう診断書を書いてもらうのがよいか」など次々とあらわれる問題を、交通事故の専門家でない人が徒手空拳でクリアしていくには多くの時間と心労を要します。

わたくし菅藤浩三は、怒り・悲しみ・不安・無念さが折り重なっている人身事故被害者の方とたくさん接してきました。

たしかに、知識だけならかなりのものが本やネットを使って無料で得られる便利な時代になりました。

しかし、本やインターネットで知識を得ても、その知識をどう使えば期待する結果を手繰り寄せられるのか、 時代が変化しても、やはり交通事故を扱った経験豊富な弁護士におまかせするのが、やっぱりベストです。

00-008

わたくしは福岡を拠点に、九州山口を中心に、弁護士になって以来約20年にわたり、解決件数2000件以上にも及ぶ通事故への対応をおこなって参りました。
特に、脳機能の後遺障害が残ったり要介護状態となるなど、医療面と補償が密接に関連する重傷事故に何年も前から大きな関心を寄せ、日々医学知識を研磨しております。

   一説には、人身事故被害で弁護士への相談や依頼をためらう理由の1位は費用が不明朗で幾らかかるのか見通しがつきにくいことだそうです。

わたしはそのためらいを取り除くべく、できる限り明瞭で、できるかぎりご負担の少ない費用体系を自分なりに考えぬいてみなさまにご提示させていただいています。

    そして、経験豊富なわたしだからこそ、あなたがきちんとした補償を受け取れるよう、安心して最終結論にOKのサインをいただけるよう、最後まで徹底サポートさせていただきます。

どうぞ、弁護士菅藤浩三お気軽に相談ください。
みなさまのお役にたてることに仕事のやりがいを感じながら、親切にすばやく対処して、ベストな解決のお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせリンク


tel-001
PAGETOP