交通事故被害は弁護士にご相談ください

 

交通事故被害は弁護士にご相談ください

 交通事故被害に遭われた方の中には、弁護士などの交通事故の専門家に相談した方がよいという考えがありながらも、同時に、相手方から受け取ることができる賠償金額はちゃんと増えるのだろうか、仮に受け取ることができる賠償金額が増額したとして、弁護士への相談料金はいくらかかるのだろうか、費用倒れはしないだろうかという不安があるため、弁護士へ依頼するきっかけとなる交通事故被害相談すらためらわれている方も少なからずいらっしゃるようです。
 人身事故 弁護士費用

 とはいえ、弁護士に依頼せずに被害者自身で賠償交渉を行うとなると、昨今ではその交渉の多くが加害者が加入する損保会社担当とのやり取りで行われていくことになるかと思います。しかし、損保会社担当は数多くの交通事故における被害者と交渉を行ってきた交通事故交渉のプロですので、被害者が損保会社との交渉の成果として正当な賠償を受けるためには、やはり同等の専門的な知識や交渉力を備えていることが必要です。

 たしかに、交通事故被害に関する専門的な用語や類似事故の解決事例はインターネット等でも簡単に検索でして入手できる時代ではありますが、とはいえ、その情報をご自身の状況に適切に当てはめて交渉に用いることは簡単なことではありません。
 スピードをだすと交通事故に

 また、人身損害における実際の交渉における損害金の計算方法には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準と3つの基準が存在します。弁護士に交渉を委任された場合に採用されることとなる弁護士基準が他の2つの基準よりも高額となる基準設定となっていることが殆どです。
 加えて、被害者単独で相手方と金額交渉を進めていく中で、損保会社担当の対応に不安や不信を感じ、菅藤法律事務所に相談に来訪された方の中にはすでに提示された金額が弁護士基準ではない低い基準で算定されていることが普通です。この低い金額を弁護士基準にまであげるためには、弁護士に依頼することが不可欠です。

 このように、交通事故交渉には専門的な知識や法律の知識、交渉力が必要となりますので交通事故被害に関してお悩みをお持ちでお困りの被害者は、ただちに弁護士へ相談されることをおすすめします。
 この場合、弁護士であれば誰でもよいというわけではありません。交通事故交渉は弁護士の中でもその専門的な知識や交渉経験の差が交渉結果にダイレクトに反映されると言われている難しい分野ですので、経験が豊富で交通事故交渉に強い弁護士に相談されることをおすすめします。
 弁護士

 菅藤法律事務所では、25年以上にわたり様々な類型の交通事故被害に関するご相談・示談交渉の依頼を受け、解決のお手伝いをさせて頂いております。交通事故に関する交渉経験が豊富ですので、これまでの交渉経験で得た専門的な知識などを用いて、抜かりの無い交渉を行うことができます。

 相談予約のお電話の際に、相談料金や委任後の弁護士料金を心配されている方もいらっしゃいますが、ご自身が所有されている車やご家族が所有されている車の自動車保険に弁護士費用特約が付保されている場合、弁護士への相談料金や委任後の手続費用は保険で対応できますので、相談前に一度自動車保険会社に確認されることをお勧めします。

 なお、自動車保険に弁護士費用特約を付けていない・車の所有はないという方の場合でも、菅藤法律事務所では人身被害を伴う交通事故の被害者の方は初回相談のみ無料で行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。交通事故の発生状況等をお伺いしたうえで、相手方から受け取ることのできる賠償金額よりも弁護士に依頼した場合の費用がより高額となり費用倒れしてしまう場合は初回相談の際にきちんとお伝えします。

 交通事故被害に関するお悩みは福岡の菅藤法律事務所にお気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001