交通事故に関する慰謝料請求は弁護士にお任せください

 

交通事故に関する慰謝料請求は弁護士にお任せください

 慰謝料は交通事故により受けた精神的な苦痛に対して支払われる金銭です。賠償実務では治療期間を目安に算定しています。治療が終了し、加害者の加入する損害保険会社と示談交渉を進めていく中で、損害保険会社から提示された慰謝料の金額が法律上適切な金額であるか分からないということで、相談に来訪される交通事故被害者は少なくなりません。

 慰謝料の算定は、自賠責基準・任意保険基準・裁判基準の3つの支払基準が存在します。交通事故被害者に相応の過失がある場合には、自賠責基準で算定されることが通常です。単純な追突など交通事故被害者に過失がない場合には、各損害保険会社で設定されている任意保険基準に基づいて計算された金額が提示されます。
 

 他方、弁護士に交渉を委任された場合、弁護士は過去の裁判例から導き出された裁判基準を用いて交渉しています。裁判基準の設定数値は、他2つの自賠責基準・任意保険基準より高額な設定となっています。

 弁護士へ交通事故の示談交渉を依頼されず、ご自身で直接加害者の損害保険会社と交渉を進められている交通事故被害者の中には、一部上場企業の損害保険会社が使用している基準だから間違いないのだろうと任意保険基準で算定された慰謝料で示談を交わしてしまう方もいらっしゃいます。しかし、任意保険基準で算定された慰謝料は交通事故に関する専門的な知識を有した弁護士から見ると正当な補償額を下回っていることが多いです。

 交通事故に関する賠償交渉を加害者側の損害保険会社と行う際、保険会社は数多くの交通事故交渉を経験しているため、示談交渉の際に日常的にあまり聞きなれない専門的な用語を使用してくることも多く、そのやり取りには専門的な知識が求められる場面もあります。専門的な知識はネット等で調べることはできますが、ご自身の状況に合致する情報を探し出すのは容易なことではありません。また有効な情報をつかめた場合でも、その情報を自分の事案にあてはめる技術も必要です。
 

 交通事故被害者がいったん加害者の損保会社と示談を交わしてしまうと、たとえ弁護士がその後に就いてもいったん成立した示談を覆すことは極めて困難で、結局、本来請求できる交通事故による正当な補償を請求できなくなります。交通事故被害者が知識不足による不利益を被ってしまう状況を防ぐためにも、交通事故発生後はお早目に弁護士へ相談されることをおすすめします。交通事故発生後早めの段階で弁護士へご相談頂き、早いうちから方針を定めて交渉を進めることで、そうでない場合と比べて被害者の方の要望に沿って交渉を有利に進めることができる可能性が高くなるからです。

 また、交通事故分野は弁護士の間でもその経験や専門的な知識量の差が最終的な結果にダイレクトに反映されると言われておりますので、相談をお考えの際は交通事故問題に強い弁護士への相談をおすすめします。

 交通事故に関する交渉を弁護士に委任することで、専門的な知識を用いて抜かりのない交渉を行いますので、委任しない場合と比べて慰謝料等を増額させることができる可能性があります。また、疑問点等は具体的な事例を用いた詳しい説明を受けることができますし、交通事故後の手続や解決までの大まかな流れの説明を受けるだけでも安心できるのではないでしょうか。加えて、被害者の方が加害者側と直接的な手続きを行う必要がなくなり精神的負担を軽減させることもできるかと思います。
 弁護士

 弁護士への相談予約をされる際に相談料金や委任した場合の料金を心配される方がいらっしゃいますが、当事務所では人身被害を受けた被害者の方は初回相談のみ無料で相談を受け付けております。弁護士に委任された場合の料金が加害者側から受け取ることのできる賠償金額より高くなってしまうような場合は相談時にきちんとお伝えしますのでまずはお気軽にご相談下さい。

 菅藤法律事務所はこれまで20年以上にわたり福岡で様々な交通事故案件に関する相談や交渉の依頼を受け付けてまいりましたので、交通事故に関する専門的な知識はもちろん交渉経験も豊富です。慰謝料に関するお悩みはもちろんその他交通事故に関してお悩みの方は福岡の菅藤法律事務所までお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001