交通事故交渉は経験豊富な弁護士にお任せください

 

交通事故交渉は経験豊富な弁護士にお任せください

 交通事故の被害者となってしまった際には、基本的に加害者の付保する損害保険会社から治療費を病院に支払ってもらえます。
 しかし、無条件で治療費などが全て支払われる訳ではありません。加害者の付保する損害保険会社には、できる限り交通事故の被害者に支払う損害賠償額を押さえたいという要請が内在します。
 そのため、通院している病院への怪我の状況や治療の内容、休業の指示、さらには、治療終了の見込時期について、書面だったり調査会社に委託してまで医療照会を行うことはごく普通に実施されています。
 交通事故交渉を経て適切な金額の損害賠償を受け取るためには、加害者の付保する損害保険会社の担当としっかりと知識を備えて交通事故交渉を行うことが必要です。
 
 しかし、交通事故に不得手な素人の被害者が交通事故交渉に慣れている損害保険会社と一人でやりとりをするのは非常に難しいです。例えば、加害者の付保する損害保険会社から「怪我は本当に事故に起因するものなのか。持病があったりといった他の要因による症状ではないのか、単なる加齢現象ではないのか」「治療期間が必要以上に長いのではないか。怪我の内容からも、交通事故の衝撃の大きさからもそんなに長い治療期間を要するひどいものではないと思われる」と言われて治療費の支払を打ち切ると言われた場合、交通事故交渉を通して怪我と症状との因果関係や治療継続の医学的必要性を被害者が証明するためには、主治医からさらに詳細な医学的情報を入手した上で、証拠をあげて、損害保険会社の主張には誤りが含まれており、事故による怪我であることやまだ治療が必要であることを証明しなければなりません。

 さらに、交通事故交渉の知識のない場面では、自分が交通事故で被った損害を、どのような思考プロセスを経て言語化していくか、この技術がないために、交渉の際に損害をうまく金銭に置換できず、いきおい加害者の付保する損害保険会社の提示する賠償金額や過失割合が適切なものかどうかも判断できないまま損害保険会社に流されてしまい、納得していないのに示談で終結してしまうケースも少なくありません。
  従って、交通事故交渉の場面では、ぜひ交通事故に遭って間をおかない早い段階から、交通事故交渉に強い弁護士に相談することをお勧めします。
 事故直後の車両の被害状況やどういう状況で事故が発生したか、交通事故に因る身体への傷痕をどのように証拠保管しておくかなど、弁護士が「どういった点が重視されるので早いうちにこのような証拠を保管しておいた方が良い」「この記録から損害保険会社は交通事故交渉においてどのような対応をすることが予想されるので、次はこのように動いた方が良い」といったアドバイスを行うことができ、将来の交通事故交渉に向けてどう動いていくか無理なく無駄なく計画を立てることが出来ます。

 そもそもですが、弁護士が加害者の付保する損害保険会社と交通事故交渉を行うので、被害者個人が損害保険会社と直接やりとりをする必要がなくなり、交通事故後の生活に対する不安や交通事故交渉によるストレスも解消出来るかと思います。
 しっかりと治療を行い交通事故による怪我を治した上で、治療費や通院交通費など実際に発生した金額だけでなく、休業損害や入通院慰謝料といった事故にあったことに対する補償も含めて適切な金額の賠償金額を受け取るためにも、交通事故の被害者になってしまった場合には、はやいうちから交通事故交渉に強い弁護士へ依頼することが大切です。
 福岡の菅藤法律事務所は、20年以上、2000件以上の交通事故交渉を解決してきました。交通事故に遭われた方は、交通事故交渉の経験豊富な弁護士にお任せください。菅藤法律事務所は福岡市の中心部の大濠公園そばにあり、地下鉄空港線の大濠公園駅(福岡市美術館口)からも近く、公共交通機関のアクセスも充実しています。法律事務所1階には無料で停めていただけるお客様用駐車場を完備しておりますので、自動車で来られる方も安心してご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001